キャリア

つらい客先常駐SEを辞めて社内SE・IT事務職へ確実に転職する方法

更新日:

客先常駐がツラすぎて・・・限界かも

そんな悩みを抱えながら日々頑張っていませんか?客先常駐で働くって本当にストレスなことですよね。

エンジニアの仕事はまだ良くても、「客先常駐」という働き方が嫌で嫌で仕方がないあなたに向けて、落ち着いて働くことができる「社内SE」の立場を今すぐに手に入れることができる方法についてご紹介します。

 

つらい客先常駐SEを辞めて社内SEまたはIT事務職へ転職しよう

SEだけど客先常駐の職場はイヤだ

周りに相談できる人、アドバイスをもらう先輩がいない

就活でIT系の会社に行こうと考えていた学生にとって、ここまでは中々分からないことですよね。

いざ入社し、やる気十分だったところで、契約先の会社に1人でポーンと送られてしまうことがあるなんて。

先輩もいないし、同期もいないし、相談できる人すらままならない。ただでさえ緊張している新入社員が、他社の人に心を割って話すなんて早々できないもんです。

だけど仕事はしなきゃいけない状況。こんなツライことってないです。

プログラミング以前に、仕事の進め方も分からなかったりしますし、まさに地獄ですよね。

やはり新卒だと、少しでも助けてくれる人と働きたいと思ってしまうのは当然のこと。そうでないと、会社全体を見回す思考や、今後の自分ことを客観的に考えることもできなくなってしまいます。

頑張りが給与やボーナスに反映されているのか不信になる

優秀で、客先の会社以上に重宝される常駐のエンジニアさんももちろんいますが、苦労して完成したシステムや大きな成果をあげても、所詮は客先のシステムです。

一緒に頑張って作りあげたはずなのに、客先の社内SEはボーナスや昇給の話をしている。

あなたの頑張りは、自社の上司に届いているかどうか分からない。

これって凄く理不尽ですよね。しかも任期が終わればまた次の派遣先へ飛ばされる可能性も高いです。

あなたが頑張っていることは変わりないのに、「良く頑張った!」なんて言葉だけですまされて良いはずがありません。

社内SEと客先常駐の年収にどのくらいの差があるかどうか知りたくはありませんか?ミイダスでは、世間一般の職種における年収を調べることができます。客先常駐のSEと一般的な社内SEの場青、給与格差は結構な開きがあるんです。

客先の勤務体系やルール、業務知識を覚えなければならない

もし次の客先の勤務ルールがガッチガチだったら?これから廃れていくであろうシステムの担当になったら?

客先常駐のエンジニアにとって、今までせっかく培ってきた知識を捨て、またイチから覚え直さなければいけないことほど、ストレスなことはないでしょう。

業務知識の幅が広がって、その分スキルも身につく!なんて聞こえはいいですが、実際に業務に携わってみると、なんてことない理不尽な事柄が多いものです。

例えば私の会社なんかはムダにオンライン教育テストが配信されるのですが、協力会社である常駐の方ももれなく受講しなければならないので、仕事以外のことをさせてて、何だかな~と思います。仕事をしにきているのに、ムダにそこのしきたりに合わせないといけないのですから。

自分の会社の製品を他者で使ってもらうために、業務知識を覚えて仕事するのと、ただ単に客先のシステムを開発したり保守したりするのではやりがいが違うんだろうなあと思う場合、その感覚は間違っていないかと思います。

 

客先常駐のエンジニアへこそ、社内SEは気を配るべき

大企業では特にですが、プログラミングは作業と捉えられてしまうため、社員はプログラミングはそこそこに上流工程のような設計などの仕事に回ります。

そこで代わりにプログラミングをやってくれるのが客先常駐で頑張ってくださるエンジニアさんたちですよね。

社内SEは平気で設計ミスはするわ、自分たちができないことを丸投げしてくるわで、酷い扱いをされる常駐エンジニアの方をたくさん見てきました。

社内SEのミスや知識不足、度重なる残業のせいで、客先常駐のエンジニアさんたちが次々と辞めていく。ひどいとパソコンやライセンス、権限の手配が間に合ってなくて仕事ができなかったりするじゃないですか。

私は客先常駐の全てが悪だとは言いません。客先常駐でもスキルの積める最新の案件を担当していたり、自社より常駐先の方が居心地良いんですという方もいたので、本当ひとそれぞれではあるんだなと思います。

でもだからといって、自分の将来を会社に託すのは問題アリです。会社は何もしてはくれません。体調が壊れる前に、すぐ新しい環境へ移りましょう。

 

客先常駐を離れ、社内SEまたはIT系総合職でキャリアを安定させる

今いる環境に耐えられそうもない人、会社に行きたくなくてツラい思いを抱えている人はすぐにでも環境を変えるべきです。

客先常駐のエンジニアで、開発・検証の繰り返しでスキルが身についていないかも、と思う人もです。

すでにインド人や中国人に低単価でどんどんアウトソースしている世の中です。またすぐ派遣先を変更になる可能性もあるでしょう。

自分を守れるのは自分だけです。

特に女性は、これからのライフプランを考え、自社でしっかり打診できる環境を検討する必要があるはずです。

あなたが気に病むことなく働ける企業はたくさんあります。

社内SE転職ナビ

こちらなんと社内SEのみに特化した転職エージェントで、客先常駐の会社は一切紹介されません。

これはやはり「客先常駐はイヤです!」という転職者の声があまりにも多いからでしょう・・・。

しっかり、腰を据えて働きたいという方のためのサービスです。

アドバイザーに人数のノルマがないため、一人の求職者にかける時間が通常のエージェントの2であることも特徴です。

そのため、希望に合わない求人の紹介や、大量の求人メールを送るなどの機械的な対応は行っていないことも好感が持てます。

客先常駐じゃなくて、社内SEだったら良かったのに・・・と少しでも思う方は、登録しておくことをオススメします。

今のところ認知度もまだ少ないので、知る人ぞ知るサービスとなっています。

自社で腰を落ち着けて仕事がしたい方は【社内SE転職ナビ】へ

リクルートエージェント

私の周りでは、リクルートエージェントにはとりあえず登録している人が多いです。

やはりさすが業界最大手なだけあって優良企業の求人が多いでですし、更にIT系となると現在は本当引く手あまたです。

また「産休・育休実績あり」の会社特集でもIT関係はかなりの求人が出されています。女性の転職を意識した案件も多いので、「これを機にホワイト企業へ行きたい」という方は是非使ってみて下さい。

リクルートエージェントは90%が非公開求人なので、エンジニアはもうこりごり・・・事務職が良いなというあなたにオススメです。

履歴書・職務履歴書なしで登録完了、全てのサービスが無料で使えるのはリクルートエージェント

パソナキャリア

もうエンジニアはほとほと疲れた・・・・落ち着いて事務職にキャリアチェンジしたいと思っているあなたには、パソナキャリアをおすすめします。

パソナキャリアは女性のキャリアプランにしっかりと、誠実に向き合ってくれるサポートの手厚さでは転職エージェントNO.1です。

IT系はもちろん、大手の総合職にキャリアチェンジしたい、しっかり休みが取れるような働き方がしたいなど事務系の求人が多いのも特徴です。

人気記事 女性が転職に成功したいなら「パソナキャリア」|使って分かったオススメポイントまとめ

ご紹介したエージェントサービスは、第二新卒から20代~30代の女性に多く利用者がいます。
できれば1社だけでなく、複数登録をして、あなたの可能性を広げた求人を探すことが、良い転職をするコツになります。

大丈夫です。つらい客先常駐、残業からは必ず抜け出せます。

あなた自身が病んでしまう前に「登録」という行動の一歩を踏み出し、良い働き方ができることを祈ってます。

-キャリア

Copyright© 転職ジャンヌダルク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.