常識を外して幸せになる思考

転職先の会社が合わないと感じてしまう理由3つとその解決策

更新日:

こんなことになるなら、転職なんてするんじゃなかった・・・

せっかく転職できたものの、新天地で頑張ろうとしていた矢先にこう思い始めてしまうと、出鼻をくじかれた気になりますよね。

  • せっかく転職したのに会社が合わない
  • すぐ辞めるのも気が引けるけど、どのくらい我慢するべき?
  • こういう時、他の人ならどう乗り越えるのか知りたい

あなたは今転職先でこう思いながら悩んでいませんか?

私も転職して3か月が経過するまで、毎日つらいつらいと思いながら出社していました。
今でこそ「転職して100%満足」と言える私ですが、なぜそう思えるようになったのか。

なぜ転職した会社が合わないと感じてしまうのか?
また考え方を変えて、今いる職場の居心地が良くなる方法についてお伝えします。

関連記事 転職して3ヶ月目|まだ慣れない。けど少しづつ現状を受け入れられるようになってきた
 

転職先の会社が合わないと感じてしまう理由3つとその解決策

結論から言いますと

誰だって最初はつらい。

これに尽きるんですね。

そんなこと分かってるよ!それでもツライんじゃん!

私もそう思いながらトイレで良く「転職先 合わない」とかスマホ検索していました(仕事しろ)

「転職した会社が合わないかも」

そう思ってつらい思いしているのはあなただけではないですよ!大丈夫!

まずこれを知ってほしいなと思います。

せっかく転職したのに合わないかもなんて、もしかして失敗したんじゃないか?と最初は怖くなりますよね。私も例外ではなく、「やっちゃったやっちゃった」と3か月くらいはずっと思ってました。

ですが、転職した経験のある友人に聞いてみると、ほとんどみんな「つらい」「大変だった」と言うんですよね。

あ、ツライと感じているのは私だけではないんだな・・・と少しホッとしたことを覚えています。

では、なぜこんなにもツライと感じてしまうのでしょうか?
 

転職先が合わないと感じる3つの理由

転職先が合わないと感じる理由とは

①中途採用という孤独

中途採用って同期がいないことがほとんどです。

新入社員の時は、つらいことや大変なことも、同期とお酒を飲めばまた頑張れる。そんな感じがありました。

同期じゃなくても、気心しれた先輩や、上司はもういません。

いきなり周りは見知らぬ環境にポイっと1人放り込まれる、そりゃつらいです。

「分からないことがあったら何でも聞いてね」とは言われるものの、タイミングが悪くて断られたりすると、冷たくされたように感じますよね。

それは正直今も同じです(笑)

1ヶ月、2ヶ月と慣れてくると、だんだん話せる人も増えてきます。そして「中途入社」の看板も取れてくるので、過ごしやすくなってきます。

それに、意外と「私は中途入社」という思いを自分で重くしてしまっている部分もあります。私がそうでした。

もっと中途入社らしく、慣れるまでマイペースで行きましょう。

②慣れない会社規定や、その部署特有のローカルルールへの気疲れ

私の場合、これが一番大きかったです。

  • なんでもかんでも紙で承認を取らなきゃいけないムダなお役所仕事
  • 変なところで人への関心が強く、監視されているような居室
  • どこの部署にもいる、ヤバイ社員への対応方法

挙げればキリがないですよね。

前職は良い意味で、あまり細かいルールなどがなく、とっても自由でした。反して、転職先は時間やルールがやたらに厳しい。

そりゃ身体だってビックリします。
転職で前職のことは持ち出すなとはいえ、前職で過ごした時間が長かった人ほど、なかなか適応するのには時間もかかります。

私もそんな環境について、半年くらいでようやく慣れた感じがします。

ルールについてはしょうがない部分があるので、都度聞いたり、メモして覚えるようにして乗り切りましょう。

③まだまだ慣れない、分からないことだらけの仕事

いくら経験ありの中途採用でも、仕事のやり方が前職と同じとは限らないですし、急な即戦力なんてムリですよ。

速攻でオリジナリティを求める企業もあれば最初は従ってよねという企業、いろいろありますが、気負わないことが大事です。

  • マニュアルに頼るわけではないが、一切そういうものはない
  • どこのファイルサーバにアクセスすれば良いのか分からない
  • 会議室への行き方が分からない
  • 部署や担当の人への連絡先が分からない

まあ全体的にワケが分からない、そんなもんです(笑)

最初はいくら中途とは言え分からなくて当然です。少しづつ、聞きながらやれることを増やしていきましょう。
 

転職先の合わない点ばかりに目を向けていた自分に気付く


人はどうしても色々なことを比較しがちな生き物です。

自分でも気づかないうちに、前職が自分の「物差し」になっていませんか?

私が完全にそうでした。

まだ転職先の会社のことも良く分かっていないのに、

「前の会社では~だったのに」
「前の会社は~なところが良かった」

いつの間にか前職を褒めていたんですよ・・・。

さきほど挙げた合わない理由3つに対し、全て前職と比較していました。当たり前にしてしまうことだとは思うんですけどね。

でも合わない部分ばかり見ていると、露骨にそこだけしか見えていない自分に気がついた瞬間でした。

 

転職すると決めたときの「自分軸」を思い出してみる


ぜひ、今度は転職後の良い面にフォーカスしてみてください。

前職もなんだかんだで、あなたの中で何かが「イヤ」だったから退職を決めたはず。

転職活動で決めた「自分軸」はなんだったでしょうか?

  • 収入のアップ
  •  残業少な目のワークライフバランス両立
  • スキルアップしたい
  • 挑戦したい仕事である

他にもあると思いますが、あなたなりに決めた条件があったはず。

悲しいかな、文句ばかり言っても周りは変わらないのが現実なので、まず自分の思考を変えてみましょう。

私も自分で決めた転職軸を見直した時、

「なんだかんだ、挙げた条件は全て叶っているんだった」

ということに気付きました。自分の中の転職原点に立ち返れた気がしたんですね。

しかも気付けば半年経ち、仕事にも慣れ、チームともうまくやっていけるようになっていました。
 

転職はただの手段。大切なのはその先にある目的。


慣れない間にハッとしたこと、それは

「私が働き方で重要視しているのは "時間の自由" だったんじゃないのか・・・?」

これに気付いたことです。

今までと違う環境に放り込まれたとき、新たに自分が望むものが分かったりするんです。こういう新しい自分の価値観に気付けたことは大きな収穫でした。

もう今は慣れて自分の意見は言いますし、ヤバイ人へのあしらい方もうまくなったので、全然過ごしやすいです。

正直、今でも腹が立つことや悲しいことはたくさんあるし、分からないこともあります。

1か月に1回は辞めたいと思うときもあります(笑)

それならそれで「じゃあ自分はどんな働き方がしたいのか」を改めて考えるいい機会になります。

少しのプラス思考を心掛けて、一緒にがんばっていきませんか。

関連記事
転職して3ヶ月目|まだ慣れない。けど少しづつ現状を受け入れられるようになってきた
転職して6ヶ月目|仕事を辞めたいと思う気持ちはゼロへ。慣れと余裕は後からついてくる

もし身体や精神が限界である場合は、かまわず再出発を

大丈夫です。誰だって、失敗はあります。

せっかく転職したのに、合わなかった。

ただそれだけのこと。失敗ではありません。

次の転職では、手厚いサポートと、あなたとのマッチングをしっかりマンツーマンでサポートしてくれるパソナキャリアでより良い職場へ転職しませんか?

パソナキャリアは大手転職エージェントの中でも、転職者へのサポートを強みとした老舗の転職エージェントです。

人気記事 女性が転職に成功したいなら「パソナキャリア」|使って分かったオススメポイントまとめ

-常識を外して幸せになる思考

Copyright© 転職ジャンヌダルク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.