転職活動を始める前に

仕事や転職で何がしたいか分からない人は、得意なことから考えてみよう

更新日:

転職したい気持ちはあるんだけれど、何がしたいかと言われると分からない・・・
  • 何となくではあるけど、一生いる会社ではないと思っている
  • ずっと同じことの繰り返しばかりでイヤになってきた
  • 3年前から何も変わっていない自分がいて焦る

こんな思いはあるものの、じゃあ何がしたいのか、向いているのかと言ったら分からない。

あなたもこういう悩み、持っていませんか?

仕事は自分の得意なことから選ぶとうまくいきます。

本記事では、なぜ得意なこと仕事にすると上手くいくのかを深堀しつつ、「得意なことで仕事をしていると自然とやりがいも生まれてくる」について解説します。

 

仕事や転職で何がしたいか分からない人は得意なことから考えるべき

得意なこと繰り返しますが、何がしたいか分からない場合は、得意なことから仕事を探せばいいです。

で、この得意なことというのは、ちゃんと自分を振り返ることができれば意外なところから見つかるものなんですね。

ここでいう得意というのは、手慣れていて上手であり、自信があることです。

では、それはどうやったら分かるのでしょうか。

以下の2つがその指針になります。

  • 過去や現在、仕事をしていて感情が揺さぶられた時はいつか
  • 自分の強みや特性は何か

過去や現在、仕事をしていて感情が揺さぶられた時はいつか

あなたが仕事をしていて「私こういう作業嫌いじゃないかも」とか「これやってる時はなかなか悪くない」とか「お客さんが喜んでくれて自分も嬉しかった」といった経験はないでしょうか?

そういう時って、自分でも知らない間に興味があるものだったり、テンポ良く進められる仕事だったりするんですよね。
進んで情報を取りに行ったり、他の人が気付かなかったことに気付いたり。

  • 自分のちょっとした気遣いでお客さんが喜んでくれた
  • ちょっと斬新なアイデアを出したら採用されてやる気が出た
  • 自分の考えた企画で仕事を進めたら成功した
  • 効率さや言い回しを変えたらユーザの反応が変わって嬉しかった
  • タイプごとに相手へのアプローチ法を考えるのが好き

などなど。

ほんの一例ではありますが、あなたにはありませんか?

私のやってることなんて特別でもなんでもなくて、誰でもできることだし・・・

あなたが当たり前に思っていることは、他人にとって当たり前ではなかったりしますよ。

仕事をしていて、自分の強みや特性は何だったか

これが俗にいう、一般的な「粘り強さ」とか「コツコツ進める」など、性格テストで使われる表現になるものです。

  • 経理や決算などで数字を合わせるのが苦ではない(正確性)
  • 新しい企画を打ち出すのが好き(企画力)
  • 自然と相手と仲良くなることが出来る(親密性)
  • 取り乱さず、異なった環境で立ち回れる(協調性)
  • 相手を行動させることができる(訴求力)

仕事をしていて、今までの経験からあなた自身が感じたことや、上司から言われたことを思い出してみたりしてください。

こういうのを何となくでも良いので、思い浮かべられることはとても大事です。

社会人において、言われていることだけしていてはいけないと言われる理由がこれだと私は思います。

だからこそ、感情が揺さぶられた時というのは、あなたの仕事やキャリアを探る上でも大切なことです。
仕事中でもアンテナを張るというのは、こういうことに繋がります。

 

得意なこと、出来ることを棚卸すれば、仕事が見つかる可能性は高くなる

ちなみに私は、以下が得意なのだと、社会人5年目くらいで気付きました。

  • 扱うIT商材やシステムの説明
  • それらを分かりやすくマニュアルなど文書でおこす
  • ユーザへの説明力
  • 改善、効率化するための気付き

なので、ITヘルプデスクや、調達購買、IT商材管理などの仕事は向いています。

こういった職種で求人を出している企業を探して、実際に転職しました。

これが営業であれ、事務であれ、経理であれ考え方は同じです。

得意なこと、できることから企業を探してみるんです。
リクナビNEXTであれば、企業を探してみるだけでなく、自分の強みや特性が分かる診断ができます。

rikunabinext

自分の特性が分からなかったり、ああやっぱりねと再確認するにも、良いツールですよ。

>>リクナビNEXTで自分の特性を棚卸してみる

得意なこと、出来ることがやりがいにも繋がる理由


やりがい承認欲求が得られます。

人は認められたい生き物です。
それに、やっぱり働くにしても、褒められたり、自分には価値があるんだと思いたいじゃないですか。

自然で素直なこと。

実際それが評価や給料に直結するわけですから、昇給や昇進なんて言わずとも、持っておいて損はないです。

また自分にしかできないことだったり、それなら出来そうだという仕事は、なんだかんだやりがいにも繋がります。

これがつまらなくて苦痛で、自分には向いてないのに・・・という仕事だったらどうでしょうか?

そう言った場合は転職すべきですし、異動ができるならした方が良いです。

私は入社3年目までこの状態でした。
出来ないのは自分が出来損ないで、努力が足りないせいだと。

けど違うんですよ。
諦めることも大切で、できないと認めたからこそ、改めて自分の得意な分野を見つけることができました。

 

そうは言っても、やっぱり1人じゃ解決できそうもないと思ったら、転職エージェントに相談しましょう。
転職エージェントはそういう棚卸を一緒にやってくれますし、あなたにだからこそ向いているんじゃないか?という仕事を紹介してくれます。

私はパソナキャリアで仕事を紹介してもらいました。
転職エージェントさんがとても親身で、良い転職ができるようにと、色々と手伝ってくれたからです。

>>女性の転職における親身なサポートが得意といえばパソナキャリア

 

転職したいけど何がしたいか分からなくてモヤモヤしだすと、ずーっと考えてしまって、今の仕事にも手がつかなくなってしまいますよね。

そんな時、得意なこと・できることから仕事を探すと、新しい環境で新しいスタートを始められます。

ぜひ、参考にして頂けると幸いです。

-転職活動を始める前に

Copyright© 転職ジャンヌダルク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.