転職活動を始める前に

転職に失敗したくないあなたに伝える自分軸の作り方

更新日:

転職しようと決めたのは良いものの、色々求人を見てアレやコレや悩んではいませんか?

  • なんとなくこうしたい思いはあるんだけど、本当に良いのか自信がない
  • 探せば探すほど、もっと良い求人があるのではと目移りしてしまう
  • 転職では自分軸があった方が良いと聞くけど、作り方が分からない

本記事では、こういったお悩みに答えつつ、転職に失敗しないための自分軸を作る方法をお伝えします。

 

転職軸を決めることがなぜ転職成功のカギと言えるのか?

結論として、転職を決意したときの気持ちと、「自分は次の会社に何を求めるのか」をリンクさせ、あなたの軸を作ることによって会社選びが圧倒的にラクになるからです。

会社を辞めようかどうか悩んでいる人は多いです。

ですが、そこから実際に行動する人はどれくらいいるでしょう。

「とりあえず今が辛いから決まればどこでも・・・」みたいな考えでいませんか?

「決まればどこでも良い」イコール、会社側も「採れれば誰でも良い」と考えているので、良い転職には繋がりません。

そういう会社はとにかく労働力さえあればという考えなので、人柄を無視したり、適当に扱われる可能性が高いのです。
だからせっかく転職したにも関わらず、不当解雇にあってしまったり、面接のときと話が違うなんてことで、再度転職活動をしなければならなくなります。

あなたはそんなのイヤですよね?

せっかく自分のより良い未来のための転職なのに、

  • 給料が良いことに目がくらんで、他の項目ついてはおざなりにしてしまった
  • なかなか会社が決まらなかったので、焦ってしまった

結局入った会社はブラック企業でまた転職・・・なんて本当に良くある話なんですよ。
あなたはまた自己分析したいですか?履歴書手書きするんですか?面接また受けるんですか?

 

こういうことにならないためにも、転職軸を決めることは、納得のいく転職をするのに必要なのです。

 

あなただけの転職軸の作り方

現職と次の転職先から考える、転職軸の作り方をご紹介します。

大事なのは、会社を選ぶ前に、あなたの現状を整理することから始めることです。

①現職のイヤなこと、ガマンできないことを書き出す

転職したいということは、何かしら今の環境や仕事に不満があるからですよね。
何にも不満がない人は転職の「て」の字も思い浮かべません。

まず、あなたが感じる現職の不満を一気に書き出しましょう。

こうすることで何が嫌で転職しようと思ったのか、決め手になったことはもちろん、こんなこともイヤなんだなと改めて気付くことができます。

転職エージェントをつける場合は、転職理由を最初に聞かれることでもあるので、整理しておくと便利です。

紙はなんでも良いですが、後で職務履歴書を書くときや、面接の練習で必要になるかもしれないので、残しておけるようなものが良いかと思います。

書き方についても自由ですが、見やすくてオススメなのは箇条書きです。
きれいな文体とかもいらないので、頭に浮かんだことをドンドン書いていくのが良いです。

参考

  • 一人で案件を担当しているため、今度はチームで協力して仕事したい
  • ずっと同じ1社で勤め続けたくない
  • 周りから評価されても、直属の上司が分かっていないため査定がずっとひどい
  • ずっとこの環境、この人間関係でいたくない
  • 会社自体の業績が不振傾向で先が不安

②転職先ではこういう条件が良い、こういうことをしたいを書き出す

次は転職先の会社の希望を書き出します。
現職のイヤだったことの裏返しにもなりますね。

働き方や給料、改善したいこと、やりたいことなど書き出しましょう。

ここで大事なのは遠慮しないことです。

一旦とにかく自分の希望は出すべきです。
書き出すだけなら誰にも見られません。

ここでも参考例を載せてみますね。

参考

  • 給料は現状維持
  • 同じ職種が良い(扱う商材は変わっても構わない)
  • グループとしてチームで助け合う環境で働きたい
  • 産休育休制度が整っている
  • 残業代は全額支給
  • 完全な親会社が良い(グループ会社や子会社は外す)

③ ①と②を見合わせ、改めて転職先に掲げる条件を挙げる

どうでしょうか?

転職したい理由もハッキリし、この先自分がどう働いていきたいのか希望も出たと思います。

さらに、これらを組み合わせて絶対外せないものを3~5つほど抜き出してください。

それがあなたの転職をする上での軸になります。

  1. 残業代は全額支給
    →みなし残業代〇時間で〇円、という求人票は却下
  2. 現在のスキルを活かせる職種である
    →扱う商材は変わってもいいが、現職でそれをやっていたならコレもできるなっていう仕事にする
  3. プライベートの時間を確保したい
    →残業平均25時間/月以下、通勤30分以下

こんな感じです。

正直こういうのが良いをあげたらキリがありません。
自分の生活と理想を考えながら、譲れないものを自分の中でハッキリさせるんです。

例えば、派遣などの契約更新における不安を感じたくなければ、必然的に選択するのは正社員ですよね。

転職軸として正社員を掲げていれば、派遣を紹介されても断ることができるわけです。
軸の決まっていない人は「一応やりたいことと被ってるっぽいし・・・派遣も受けておこうかな」
「事務スキルがついてから正社員に・・・とりあえず今は派遣?」なんて言って余計なことに体力と時間を使います。

最初はいいかもしれませんが、あとで何年後かに「やっぱり正社員で安定が欲しい」なんて考えだせば振出に戻るだけです。
今ここで自分がどうしたいのかハッキリさせておきましょう。

 

現職の働き方をかえりみて、これからの働き方を考える

転職をするとき、どうしても人は「条件」で会社を選びがちです。
ですが決して条件だけを感じてこれまで働いてきたのではないはず。

あなたが現職で思う良いところはどこだったでしょうか?
また、改めて考えるあなたらしい働き方はなんでしょうか?

フレックス制度で出社時間を自由に決めれていたから、銀行や医者に行けたり、プライベートの融通はききやすかったな。

 

自由に時間を決めれる働き方が良いなと思っている人が、完全に古い体質の9時-18時で出社時間は30分前が当たり前!!みたいな会社に入ったらどうでしょう。

慣れの問題もあるかもしれませんが、窮屈に感じること間違いなしかと思います。
そういう人はフレックス制度が完備されている会社を選ぶといいですよね。

これは営業なのか、事務なのか、接客なのか、次にやりたいことは何なのかで判断基準はかなり異なるところですが、再度自分の働き方を客観視する良い機会です。

 

女性ばかりの職場は疲れてしまったので男性多めの方がいいかもとか、やりがいはどうでも良いからプライベート重視でとにかく有給が取りやすいのが良いとか、働き方に何を求めるかは本当人それぞれなのです。

正解なんてありません。
あなたが決めるんです。

一日で決めることではなくて「あ、こういうのが良いかも」とか「そういえばこれは絶対イヤ!」など、ふいに後から出てくることもあると思います。

そういうことはどんどん追加して整理しなおしましょう。

転職軸を作るメリットは「自分も会社を選ぶ立場」という心構えができることです。

やみくもに片っ端から案件に応募すると、結局志望動機が思い浮かばないなど準備が不十分で、結局面接に行きたくないという事態が起こります。

そして不採用が続いて自分に自信を無くす・・・というループに陥らなくてすみますよ。

 

逆にデメリットは軸を作るのに時間をかけすぎて、結局なにがなんだか分からなくなってしまうことでしょうか。

そういう時はある程度まで考えたらエージェントに相談するのが正解です。
あなたに見合った会社を持ってきてくれるので。
1人で考えてたら時間が経ちすぎてしまったと、いうのも勿体ないです。

頼れる人は頼りましょう。
それが転職をうまくいかせるコツでもあります。

私はこのエージェントに相談して、理想のホワイト企業へ転職できました
転職ならサポートが手厚く誠実なパソナキャリアで決まりです

 

理想の会社を探すよりも、あなたの理想の働き方が大事です

正直言って、全てに満足できる理想の会社なんてありません。

お金、やりがい、人間関係、環境

これらを細分化して考えるべきで、その中で自分が大事にするものを軸としましょう。

  • お金であれば、給料は現状維持であればまだ良い方なのか
  • 未経験枠へ実績を積むことと引き換えに年収50万ダウンはしょうがないなのか
  • やりがいはプライベートの趣味で満たすとして、そこそこの給料と有給が取りたいなのか

自分の軸で決めた会社だけど、半年で異動になったとか、部署にヤバい人がいたなんてありがちです。
実際、私は転職半年でチームを異動させられた経験もあります。

ちゃんと軸まで考えて転職できる人は、きっと転職先でもうまくやっていけますよ!

あなたのより良い転職成功を願っています。

軸は作った!いざ会社選びをエージェントに助けてもらいたい人はコチラ

-転職活動を始める前に

Copyright© 転職ジャンヌダルク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.