私のリアル転職体験記

転職1ヶ月目|慣れない 合わない もう辞めたい!でストレスの毎日

更新日:

落ち込んでいる女性

無事に転職活動を終え、退職手続きも完了、束の間の有給を楽しみ、いざ新しい会社へ!!

 

初日はガチガチになりながら、引きつった笑顔で挨拶回りしたことを覚えています(笑)

 

まだ右も左も分からぬまま。
「私はここでやっていけるんだろうか」「嫌われないだろうか」「結果を出せるのだろうか」そんな不安しかなく。

 

転職してまだまだ1ヶ月も経たない中、私はとにかく「もう辞めたい」しか思っていませんでした。

合わない合わないやってらんない! ああ、転職なんてしなければ良かった――

 

こんな気持ちで日々いっぱいの1ヶ月。今でも鮮明に覚えています。

あなたは今、転職して1ヶ月目。

どんな心境でしょうか?

 

「誰だって、最初の3ヶ月~半年までは慣れないものだよ」

自分でもこう割り切っていたつもりが、転職1ヶ月目というのは、私にとって想像を遥かに超えていました。

 

大丈夫です。
転職1ヶ月目で辞めたいとか、合わないと思っているのはあなただけではないですよ。

 

転職して1ヶ月目|前職との違いに日々驚きを隠せない

転職して、まず気にすべき最優先事項と言えば「人間関係」ですよね。

うまく馴染めるか、いじわるな人はいないか、図々しいかもしれないけど、歓迎してくれるかな?とか。

 

私は人間関係をぶっ飛ばして、それよりも社内ルールや制度や仕事のやり方が、会社によってこんなにも違うのかと心底驚かされ、そして打ちのめされました。

 

  • インターネット閲覧禁止
  • セキュリティの厳しさ
  • 決裁稟議書押印の嵐
  • 紙文化の根強さ
  • 未だにFAX利用

 

とにかくキッチリしすぎて息が詰まるし、やり方が色々と古い・・・

 

一言(ではないですが)で言い表すとこんな感じ。

良くある「前職とのギャップ」が半端なかったんですよね。
(てかインターネット禁止って)

”もっと視野を広げたい”

この理由で転職した私にとって、本当に良くも悪くも日々驚きを隠せないことの連続でした。

 

転職して1ヶ月目|仕事に慣れてもないのに仕事に疑問を持ってしまう

仕事内容に疑問を持つ女性
カルチャーショックに泣きそうになりながらも、「とにかくまずは仕事に慣れなきゃ!」です。

部署およびチームで担当する仕事の役割などを聞いたあと、早速日々のルーチンワークとなる事務作業からスタートしました。

 

チームの皆さんがやっている仕事を、自分も見様見真似で進め、分からないことはしっかり聞く。これの繰り返しです。

 

私は転職してきた身として「早く即戦力にならなきゃ!」という強迫観念みたいなものがすごく強くて(当たり前かもなんですけど)自分の仕事を進めつつ、他の人は何やってるのかなーと、とにかく社員達の仕事の内容が気になって仕方ありませんでした。

それがゆくゆくは自分の行く末になるわけですし。

 

そしてチームの他の社員が何をやっているかというと、どうやらそのルーチンワークをずっと繰り返しているだけのように見えたのです。

 

他部署の案件について、上司の承認を取るための書類づくりを繰り返している。
(もちろん役職や在籍年数によって難易度はあれど、ですが)

 

ま、まさかね・・・今はそういう時期なだけでしょ

 

転職して1ヶ月|仕事内容に目がテン!典型的なお役所作業が仕事であると知る

泣く女性
書類を作成しまくり、承認を取り、紙で保管する。

 

1ヶ月経って、程度の差はあれども、本当にこの繰り返しであることが分かりました。

一応IT系の部署でしたので、取引先の製品変更や契約条件が変われば、その都度でシステムや予算に影響が出るので、そういう調整はちょっと行ったりもします。

 

前職で培った知識はあさ~く使うくらいで、”前職の経験を活かして” なんて当てはまる人もいれば、そうでない人(私)もいるんだなあと実感しました。

もちろん、私は前職と同じ職種で中途入社しています。

 

こうなると、前職で詰め込んだ知識たちが、どんどん脳みそから垂れ流しになることに逆に恐怖を感じてしまうほどでした。

しかも会社によって注力するところ、お金をかけるべきところがまるで違うのだなと、驚くばかり。

 

そして、基本的に大量の書類作成に慣れるため励む毎日。

 

「botで良いっすよね」

私と同時入社した年下の社員が隣でボソっとつぶやいたことは忘れません。

 

転職してまだ1ヶ月なのに「これがこの先も続くのか?」と思ったら早くも辞めたい

消えていく女性
私は早くも、そして生意気にも

転職失敗した・・・

こんな思いでいっぱいでした。

 

業務の他にも、会社で決められたルールが結構細かく、それ何のために必要なの?と思わされることも多くて、よりイヤになってしまったんですね。

 

追い風のごとく「ウチほど恵まれている会社はないよ!!」とドヤしてくる社員も何人かいて、業務の上に社風も合わなそうと、もう泣きたくなりました。実際帰って泣いてました←

 

いかに前職が自由で動きやすかったかを知りましたし、仕事の違いや社風のギャップが凄すぎて辞めたくなってしまう人が多いのも頷けます。

隣の芝生が青いって、こういうことなのか

 

この時は完全に新しいことが波のように押し寄せていたので、全体感を捉えることがどうしても出来ていませんでした。

 

転職して1ヶ月目|まだ1ヶ月、でもこの先が見えたような1ヶ月

足元に光を照らしている女性
あなたの転職1ヶ月目はいかがですか?

 

私の中では完全に

  • 仕事内容
  • 社風

この2つがアウトになりつつあり、絶望でした。

 

もちろん、ちゃんと感謝すべきところ、良いところもあります。

それは定時で帰れることと、人間関係は今のところ問題なさそう、ということです。

 

転職と言えば、人間関係は真っ先に気にする事項NO.1だと思います。

 

私の場合、人間関係は何とかなるだろうと、余り気にかけてはいませんでした。

私自身、前職で人間関係に悩まされていたこともあり、人との接し方や自分の心の持ちようなど、心理学を学んでいたことが効いたようです。
採用時に転職エージェントへ、部署の雰囲気や人はどうかということも、大まかに確認していました。

人間関係についてはまた今度詳しく記事にしようかと思うのですが、

基本的に他人はコントロール出来ず、自分ばかりが気にしてもしょうがないこと

こう割り切り、前向きに考えるようにしていました。

 

そして私が転職1ヶ月目で学んだことは、「仕事の内容が今後の自分にどう繋げられるか、また働き方を思っていたより重視しているのかな」ということ。

転職して初めて気付ける自分の理想のワークスタイルというものが浮き彫りになったと感じています。

 

まだ1ヶ月!されど1ヶ月・・・

 

以上、早くも転職1ヶ月目で辞めたくなってしまった私の心境でした。

転職1ヶ月目でも辞めたいと思ってしまうのは、あなただけではないです!

 

本転職回想記はまだまだ続きます。
どうぞよろしくお願い致します。

-私のリアル転職体験記

Copyright© 転職ジャンヌダルク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.