私のリアル転職体験記

転職6ヶ月目|仕事辞めたい気持ちがゼロへ。慣れと余裕は後からついてくる

更新日:

転職も6ヶ月経つと、辞めたいと思わなくなる

 

転職してから6ヶ月経ちました。

前回と前々回の記事はこちら。

>>転職1ヶ月目|慣れない 合わない もう辞めたい!でストレスの毎日
>>転職3ヶ月目|まだ馴染めない。けど少しづつ現状を受け入れられるようになってきた

 

不思議なことに、これが俗にいう

「転職して半年の壁」

なのかもしれません。

とうとう私にも吹っ切れた時が・・・?

あれほど

前の会社戻りたいかも・・・
全然仕事は慣れない上に社風馴染めない・・・

とか思っていたのに。慣れって怖いもんです。

半年も経てば仕事のやり方に対してのイライラもまあ収まり、チームとそれなりにやっている自分がいたわけです。

本記事の内容

  • 転職6ヶ月目で仕事辞めたいという気持ちはとうとうゼロへ
  • 残業月10時間以下の毎日が続くことで時間の余裕ができる
  • なんだかんだ転職失敗だったのかな?からの逆転(予想済み)

転職6ヶ月目にして起きた心境の変化と、少しの慣れを感じればあなたも気が楽になるよ、ということについてお話できればと思います。

 

転職6ヶ月目で仕事辞めたいという気持ちはとうとうゼロへ

転職6ヶ月目で仕事に余裕ができた
正確には4ヶ月目あたりで、イヤだイヤだと思っていたルーチンワークへのアレルギーが消えてきました。

言うなれば、仕事の要領を掴めてきた、という感じです。

 

ミスはするわ、見積もりの簡単な足し算は出来ないわ(これは逆に笑われてネタにされたレベル)、年下の同期のが仕上げるスピードめっちゃ早いわで、本当に仕事への自信を失っていました。

 

自分は作業すらできないのか、何で転職してまでこんなことしてんだか、泣きたい気持ちはどちらにあるのか自分でも分からないまま、とにかく仕事に慣れるために数をこなしました。

けど段々とやりようが分かってきて、前任者のワケが分からない内容の決裁を後任に引き継ぐ場合、どう情報を載せたら良いのだとか、色々工夫したり初期の頃よりは圧倒的に仕事への理解が出きてきたんだと思います。

 

なので腐らず、仕事に慣れることだけに集中することをオススメします。
1ヶ月や、早いと1週間で辞める人もいるみたいですが、ここを何とか…!踏ん張って欲しいと思います。

仕事ができない自分、情けない自分なんて思う必要はないんです。
みんな慣れるのに必死です。

でも、より良い未来を手にしたくて転職したのです。そのことを忘れないで欲しいのです。

 

6ヶ月経ってもまだもちろんミスはします。
要領は良いはずなのに、まるでダメな自分に落ち込んだりもしました。

ですがこの慣れから生まれる余裕は、転職して1ヶ月目の時や3ヶ月目の時とは心持ちがまるで比べ物になりません。

 

さらにもうちょっとレベルの高い仕事や、「前職でやってたみたいだから手伝って」と、他の仕事もどんどん割り振られるようになったのもこの頃です。

新たな自分の特性を知る

余裕が出てくると、この仕事のどういうところが向いていないのか、と客観的に見ることができます。

 

私は興味のないことにはとことん興味を持たない性格です(爆)

転職して初めての仕事は、書類を書きまくる(コピーを量産する)ルーチンワークばかりだったんですよね。

ザ・事務仕事の典型的な例を体験し、

これはマジで性に合わないのだと知れました。

 

自分で仕事の向き不向き、好みを把握することは本当ーーに、大事です。

もし仮に職を変えるとなった時、このような事務仕事を選んでしまえば鬱っぽくなるのは必然です。「確かにラクだけど、私はラクなだけじゃ物足りないんだ。なるほど」と知ることができますから。

こういう「あれ?あれれれ?」こういう小さな自分の心には敏感になっておく、というのが世間でいうアンテナを張ることなのだと思います。

 

残業月10時間以下の毎日が続き、時間の余裕ができる

時間の余裕があるってとても良いこと
これが転職エージェントを経由して転職した凄いところだなと思うのですが、本当に月の残業時間が10時間20時間程度であるということです。

 

転職者の場合、最初はそんなにやることないからでしょ、というのも分かります。

けどチームのメンバーほとんどが月20時間以内なんですね。

「配属先の部署は大体月の残業が平均で25時間くらいと聞いていますよ」とエージェントさんが言っていた通りです。これは本当にすごいなと。

 

しかも私は会社から30分で家に着くので、例えば18:00に退社したら18:30には家に着いています。
関連記事 通勤時間が長くてストレス!通勤時間を短くするだけで幸福度は上がる話

 

なんだかんだ転職失敗だったのかな?からの逆転(予想済み)

予想が当たってたので笑顔を浮かべている女性
こうして仕事にも慣れ、ちゃんとプライベートも十分確保出来ているという状態に、やっと心から満足し始めたのが転職6ヶ月目です。

転職して1ヶ月目と3ヶ月目の記事では、それはそれはもう愚痴ぞろいで、

 

何、この人なんだかんだ転職失敗なの?

 

みたいに思われたかもしれません。ですが、半年経つまではツライかもしれないというのは、自分の中でちゃんと納得していました。

 

いつだって、初めてのことは緊張しますし、慣れませんし、嫌にもなるでしょう。
しかも転職なんて、「即戦力」だの「経験者」だの、やっぱり新卒の頃とは違うフィルターがかかって見られてしまう感じ、ありますよね。

1人で入社した場合なんて、余計に見られている感ハンパないかと思います。

でもそれは誰だって同じこと。
みーんな、嫌です。

私も同期や友人が結構転職していますが、皆口を揃えて「最初の3ヶ月越えるまでは辛い」と言います。

学生時代と比べるわけではないですが、バイトも慣れるまでミス沢山しましたよね。
学校入って、周りと打ち解けるまで時間かかりますよね。

諦めない人が慣れと余裕を手にします。

 

もし、あなたがこれが1回目の転職なら尚更、もうちょっとだけ頑張って欲しいです。(完全なブラック企業は除く)
このまま勤め上げるのか、また転職するか先は分からないですが、今この瞬間やれることがあります。

狭い世界から1歩出ただけで、他の人より先を行っていますよ。
それだけ視野は広がってますし、耐性やモノの見方が変わります。

それが転職の良いところだと、私自身も感じているところです。

-私のリアル転職体験記

Copyright© 転職ジャンヌダルク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.