効率的な転職の進め方

書類選考を突破する!転職を制する職務履歴書で押さえるべき3つのポイント

更新日:

なかなか書類が通過しなくて、面接までたどり着けない

転職活動を始めたものの、書類選考の通過率が悪い・・・こういった悩みはありませんか?

転職において職務経歴書の作成は重要です。

当たり前ですが、あなたの作った職務経歴書を企業側が見て、面接で会いたいかどうか決まります。

でも職務経歴書って、書くの面倒ですよね。

私も新卒時はエントリーシートを書くのがイヤでたまらなかったです。面接に呼ばれないと意味がないわけですし、「書類に違いってそんなあるの?」とか思っていました。

その苦い思い出もあり、初めての転職では「書類選考で落とされることは避けたい」と意気込んで職務経歴書の作成にはかなり時間をかけていました。

試行錯誤を重ね、添削をお願いし、エージェントから「良い感じですね!」と言ってもらえるまでに気付いたコツを併せて、職務履歴書の作成で押さえたいポイントについてお話します。

 

転職の書類選考に通らない?職務履歴書で必ず押さえるべき3つのポイント

①転職サイトおよび転職エージェント会社が用意しているフォーマットを使用する

最初から当たり前のことを・・・と思われるかもしれませんが、どのフォーマットで書こうか、意外と悩んだりしませんか?

私だけですかね・・・(笑)

ハローワークから渡された職務履歴書を使っている人もいるようですが、ここは手っ取り早く転職エージェント会社が用意しているフォーマットを使うことをオススメします。

なぜなら、転職を斡旋しているエージェントが「これなら応募企業に分かりやすく伝わるテンプレートだ」と自負して公開しているものだからです。

転職時の書類は応募者によって様々なフォーマットが使われます。だからこそ、こんなところで躓かず、使えるものは賢く使っていくのがベストです。

 

どこのフォーマットがオススメ?

あらゆる転職エージェント会社のフォーマットを見比べましたが、私は圧倒的にdodaを推します。

キレイかつ見やすさが圧倒的だからです。

dodaの凄いところは、あらゆる職種のフォーマットがサンプルとしてダウンロードできます。

サンプルの中にはそのまま応用できる一文もあると思いますので、自分の職種を探して利用しましょう。

>>dodaの職務履歴書フォーマットをダウンロードする

 

②経歴は担当業務と自分の強みポイントを分けて簡潔に伝える

ダラダラした文章が書かれている経歴はそれだけで一発アウトです。

また経歴と自己PR、はたまた志望動機がごちゃ混ぜになっているなんて言語道断です。

経歴欄には以下を箇条書きすると伝わりやすくなります。

  • 業務内容
  • 担当業務
  • 業務上での取り組みポイント

【業務内容】
~~~~~~~

【担当】
・○○○○
・△△△
・◇◇◇

【取り組み|ポイント】
・○○○○
・△△△
・◇◇◇

この書き方は経歴や業務内容を簡潔に見せるだけでなく、その中であなたが何をしてきたのかも伝えることが出来ます。

長くビッチリ書いた文章って、それだけで凄みを帯びるような感じにはなるんですが、逆効果です。

 

例えばパワーポイントで、投影された瞬間に「見ずらッッ!!!」っていうような資料作ってくる人いますよね?

すみません、拡大お願い出来ますか?

思わずこう声掛けしてしまうような・・・あれをあなたは採用担当に読ませるんですか?

 

②については、私が転職エージェントから最も指摘を受けた部分です。

分かりやすくは書きたいと思っているけど、どう表現して良いか分からなかった時に受けられたアドバイスだったので、非常にタメになりました。

指摘された箇所を修正したからは、書類の通過率はかなり良くなりました。

さきほどのdodaのフォーマットを使えば、経歴や自己PRがあらかじめ分けて書けるように出来ています。

>>dodaの職務履歴書フォーマットをダウンロードする

 

③自分の強みやスキルが、応募先の企業でどう貢献できるかを書く

これも②と同列に大事なことです。

 

応募した企業にて、自分はこれまでのスキルと強みを活かしてどう貢献していけるか

 

これが抜けている人が多いです。

経歴をつらつら並べて自己PRはこんな感じ、の書類では差別化できません。

その職種で似たようなスキルを持った人は他にもたくさんいます。当たり前ですが、あなたが応募をしたその瞬間にも他の応募者も応募しています。

 

じゃあ超すごいアピールポイントがなきゃダメなのかというと、もちろんそうではありません。

 

大切なのは自分の経験、起こしてきたアクション、気付いたことを小さなことでも良いから洗い出し、応募先の職種でどう貢献できるか、を書きましょう。

というか、企業が知りたいのはそこです。

「この人ならウチの会社で働いているイメージがつくし、前の会社でのスキルを発揮してくれそう」と職務経歴書からほのめかせる感じが良いですね。

 

あなたの志望動機は、その会社じゃなきゃいけない志望動機になっていますでしょうか?

正直、志望動機も考えるの面倒だな・・・

こう思ってしまう気持ち、ものすごく分かります。

入ってみないと自分のやりたいことが出来るかどうかなんて分からないし、転職活動してるとさっさと内定が欲しいという気持ちの方が大きくなってしまいますよね。

最悪、「いや志望動機とか特にないし」って思ってしまったり。

そういった時は再度、転職すると決めた時の気持ちを思い返してみて下さい。そして応募先の企業の仕事内容だけではなくて、働き方や企業理念についても自分にマッチするか考えてみて下さいね。

実際の転職者の口コミも参考になりますので、見ておくことをオススメします。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

 

職務履歴書は一度作っておけば使いまわしが出来るのでここが踏ん張りどころです

職務履歴書は転職活動における最初の鬼門だと思われるかもしれません。

ですが良いフォーマットとポイントさえ押さえれば、ちゃんと良いものが出来上がっていくのは間違いないので、最初だけ頑張って欲しいです。

また書いた後は転職エージェントに必ず添削をお願いしてください。

すぐに「こうした方が良い」「ここはもう少し詳しくアピール」をといったような指摘と一緒に返信してくれます。

 

私は先ほど職務履歴書のフォーマットはdodaをオススメしました。

dodaレジュメビルダーといった誘導型WEBでの作成ツールも無料で使えますので、利用しない手はないです。私はこのサービスを使い倒して、職務履歴書を完成させたといっても過言ではありません。

出典:doda

私の場合、転職エージェントはもう1社、パソナキャリアにも登録をしていたので、同じように職務履歴書の添削をお願いしました。

相手はプロなので、1人より2人に見てもらった方が当然より良いものになります。

何もA社で作成した職務履歴書をB社に見せてはいけない、ということではないので、どんどんブラッシュアップしていきましょう。

パソナキャリア転職者へのサポートの手厚さが良いことで有名です。

私が②のアドバイスをもらったのも実はパソナのエージェントさんからだったので、評判通りのサポートだなと実感しました。

良い職務履歴書を作りたいならdoda、手厚いサポートを受けるならパソナキャリア、と両方使うのがオススメです。

 

以上、職務履歴書を書く際の押さえておくべきポイント3つでした。書けば書くほど良いものが出来るので、ツールとサポートを使いこなしながら作成を頑張っていきましょう。

-効率的な転職の進め方

Copyright© 転職ジャンヌダルク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.