効率的な転職の進め方

転職先が3ヶ月以上経っても決まらない|内定ゲットのために見直すべきポイント

更新日:

転職先が3ヶ月経っても決まらない人がやるべきこと
転職活動をして3ヶ月。内定がまだ出ない・・・どうしよう?

 

せっかく転職活動をしているのに、内定がもらえないと不安になってきてしまいますよね。

あなたも頑張って転職活動をしているのに、結果が出ないと悩んではいませんか?

本記事では、内定までグっと近づくことが出来るポイントについてお話します。

 

私自身も転職活動する上で気を付けていたのですが、やはりこのポイントを押さえているのといないのでは差が出ます。

実際、紹介してもらった求人のラッキーも重なって大手ホワイト企業へ転職することが出来ました。

これらを見直し、再度ブラッシュアップをかければ内定まであと一歩です。

それではいってみましょう。

 

転職先が3ヶ月以上経っても決まらない|内定ゲットのために見直すべきポイント


一般的な転職活動の期間は3ヶ月と言われています。

転職を決意してから内定を取るまでに大体このくらいのスケジュールが一般的です。

参考【実際のスケジュール公開】転職の活動期間ってどのくらいかかるもの?

やっぱり普通の人は働きながらの転職活動は疲れちゃうんですよね。精神的にも体力的にもキツイと感じることはあるかと思います。

それでもたった3ヶ月で人生を良い方向へ変えることが出来るのも転職です。

では、半年の転職活動でまだ転職先が決まらない場合、どうしたら内定が取れるようになるのでしょうか。

 

転職サイトやハローワーク経由ではなく転職エージェントを使う(既に使っている場合は担当を変える)

あなたは今どのような転職の進め方をしていますか?

転職サイト?

ハローワーク?

転職エージェント?

 

私はハローワーク経由での転職活動はオススメしていません。ハローワークは職業安定所であって転職相談所ではないのです。

それにハローワークの職員は一般募集の人がアルバイトに来ているので、担当に当たりはずれがありすぎます。

参考 ハローワークでの転職相談は絶対にしてはいけない理由をあなたは知っていますか?

 

転職サイトは確かに自分のペースで転職活動を進められることが最大のメリットです。

しかし、それは自分の中で転職する期限をそこまで決めていない場合です。

 

転職先って3ヶ月くらいで決まるものだと思ってた・・・

自分の思う当初のスケジュールから外れているなら、この瞬間から転職エージェントに頼ることをオススメします。

転職エージェントは特別な理由がない限り、3ヶ月はフルサポートの体制を取ってくれます。

担当さんから良いアドバイスが貰えないとか、やる気がないように見える場合は速攻で担当を変えてもらいましょう。担当を変えたら良い求人を紹介してもらって転職できたというのは転職エージェントあるあるです。

 

ちなみに女性の転職において、サポート体制が抜群に評判が良いのはパソナキャリアです。

私も2社目のエージェントとして選んだのがパソナキャリアでした。

最終的にここで紹介された求人、エージェントさんのサポートもあって転職がすんなり決まりました。使った感想を転職成功|親身なサポートは評判通り!な転職エージェントを使って分かった5つのポイントで紹介しています。

 

大手優良企業だけではなく、ベンチャー企業や中小企業にも目を向ける

あなたはエージェントから送られてきた求人で、大手企業やブランド企業ばかりに目が向いていませんか?

 

ちなみにコレ、私がそうでした。

 

特に初めての転職の場合、どうしても大手企業ばかりに目が向いてしまうのは当然ですよね。

今の会社がブラック企業の場合であれば、なおさら大手企業の待遇の良さに惹かれるのは事実です。

 

もちろん、大手企業ばかり受けるなというワケではありません。

自分のやりたいこと、なりたい姿、キャリアプランに沿う求人であった場合はドンドン受けるべきです。

ただ、名前も知らない企業にも良い会社はたくさんあります。

  • 目新しいことが出来る
  • 規則が緩くて自由に働ける
  • 裁量の大きさでやりがいを持てる

これらは意外と大企業ではガッチリ規制されたりするので、そういう意味で穴場の企業もあります。

会社で選ぶのではなく、自分のやりたいことやスキルが積めそうな職場で選んだ方があとあと長く働ける、というのが私の持論です。

少しでも気になった企業はエージェントに内情を詳しく聞いたり、口コミサイトを見て企業研究しましょう。

せっかくの求人を会社名だけで仕分けするのは本当に勿体ないです。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

 

経歴を並べるだけではなく、その経歴で何が出来るかをアピールする

一番重要なポイント。

 

ここを上手く伝えることが出来れば、転職は制したと言っても過言ではないです。

転職ではちゃんと自分を売り込まないと買い叩かれます。

またただ経歴を並べただけでは、他の人との差別化になりません。

 

面接では主に以下の4つが必ず聞かれます。

  • 前職を辞めてまで転職をする理由
  • なぜ応募先の企業なのか
  • どんなことを今までやってきたのか
  • これから何をしたいのか、会社にどう貢献できるか

 

この4つさえちゃんと一貫性を持った回答が出来れば、落ちてしまってもそれはご縁。

あなたが悪かったということはありませんので、気を取り直して次の応募先へ注力しましょう。

 

面接に自信のない人はこの4つについて客観的にどうか、エージェントへ相談すると良いですよ。

深堀してくれたり、それは言わない方が良いなどのアドバイスが貰えます。

転職理由などは自分では良かれと思っても、相手企業からしたら印象が悪く取られる、なんてこともありますので。

 

大体は初回の面談でやんわりとヒアリングされますが、その時は自分の中でまとまっていなくても大丈夫。

考えはまとまっているけれど上手く話せない、という方はエージェントへ模擬面接の練習も申し込むことができます。

 

練習までに回せる時間がないよ~

在職中の転職活動は時間がなくて大変ですよね。

そういった方には在職中の転職活動は時間がない?忙しい人のためのスキマ時間術3つにて面接対策の練習法をご紹介していますので、参考にしてくださると幸いです。

またパワハラや人間関係、雇用条件の相違などで転職される方は、ネガティブ面についてではなく、それ以外に得られたスキルなどをアピールする方向でいきましょう。

 

書類が通らず、面接に進めない場合は職務履歴書を徹底的に見直す

ただ新卒からの職歴をつらつら並べているだけで終わっていませんか?見づらい職務履歴書になっていませんか?

再度、採用担当の目に留まる職務履歴書に書き直す必要があります。

参考 転職の書類選考に通らない?職務履歴書で必ず押さえるべき3つのポイント

 

自分の考えや価値観に固執せず、もっと広い視野を持てば転職先は必ず見つかる

例えばこの他にも、職種を自分で限定してしまう、というのも視野が狭くなりがちです。

絶対事務職じゃないとイヤ!

事務職にも色々と種類があるので、そういうのもエージェントに相談すべきです。事務職はどうしても応募が殺到しがちで倍率も高くなりがちです。

事務職でも業界を広く捉えるとか、デスクワーク中心のIT総合職なども探せば全然ありますよ。

 

転職先がなかなか決まらないと、「なぜ私は転職しようと思ったのか」当初の思いが薄れてしまい、早く決めなきゃという焦りからブラック企業へ入ってしまったなんて良くあることです。

転職も正直相性の部分はありますが、だからといって今後何年も勤めるかもしれない会社をポンと決めて良いとは限りません。

半月くらい身体と心を休めつつ、自由を満喫するのもアリだと私は思っています。

そしてまた心機一転、活動を開始したら良い求人があって内定、というのも良く聞きますね。

 

ぜひ、挙げたポイントを見直しつつ理想の働き方を目指して頑張っていきましょう。

 

-効率的な転職の進め方

Copyright© 転職ジャンヌダルク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.