私のリアル転職体験記

体験談|新卒でSEになったけどプログラミング出来なくて会社を辞めたい

更新日:

「新卒 SE 辞めたい」
「新卒 SE 転職」
「新卒 SE つらい」
「プログラミング できない」

新卒で入社した会社で、私が暇さえあれば検索してたワードです。

期待とワクワクを胸に、会社という組織の中へ飛び込んだ私に待っていたのは、想像以上の苦しみと悲しさに苛まれる毎日でした。

本記事は、新卒でSE=システムエンジニア職になり、「もう毎日がツラくてたまらない! 」方へ送ります。

ツラいのはあなただけではないです。
大丈夫ですよ

 

プログラミングが出来なくて会社を辞めたい

私の場合、ITは良かったんです。今でもITは好きです。
PCの知識はそれなりにつくし、自分でPC買っても設定とか困らないですから。

「SE」という職は一体何をするのか

ここを考えられていなかった事が問題だったんだと思います。

就職活動において、IT=技術さえ積めば転職もしやすそう、の図式が私の中ではあったんです。

今思えば、当たってはいるけど詰めが甘い。

SEにもネットワークエンジニア、インフラエンジニア、開発系エンジニアとか種類がありますよね。
特に、開発系はどの言語を使ったシステムを開発保守運用してるのか、ここらへんを当時の私は全く知らなかったのです。

企業の会社説明会は、もう少しこういう所かみ砕いて説明して欲しい(切実)

「弊社システムはこんな事業に貢献してまして~」

こんなこと言われたら

私もシステムを通して貢献できるかな?!

と思ってしまうんです、学生は。
なので、就活でSE職応募しようかなって考えている学生さんは、ここ大事ですよ!!

 

システムエンジニアという職への理解不足が招いた結果

システムエンジニアやプログラマー職は、大抵の会社は入社すると入社研修があります。
ビジネスマナー及び開発研修を3ヶ月間やってから本配属という流れでした。

で、ここで初めてプログラミングというものに携わるワケなのですが・・・。

もう本当に無理。
何が無理って何が無理なのか分からないほどに無理でした(何回言うんだ)

皆どんどん課題をこなす中、私ひとりだけ副担当の先生が隣についてくれて、いつも終わるのは最後。

「こんなんで会社の仕事なんて出来るわけがない」
お昼はいつも同期の女の子の前で泣いてました。

そんなこんなで研修は無事(じゃない)終わり、本配属先はガッツリ本社メインシステムの開発保守という死亡宣告。

すぐプログラミング業務、というわけではなく、プレゼン研修や工場見学、ヘルプデスクにも関わっていたので、何とか1年は穏便に過ごすことが出来ました。

 

悪夢再び。そしてお局からの洗礼を受ける。

安堵した束の間。

とうとう私にも案件という形でシステム保守の仕事が回ってくるんですけれど、まあ出来ないんですよね。

しかも研修で習った言語とはまた違うというトラップ。

先輩、ベンダーさん、ありとあらゆる人に教えて下さいと頼みつつ(ほぼやってもらいつつ)日々を過ごしましたが、案件は止まらないんですよね。

仕事ですから、当たり前です。

私だけ進捗が遅く、常に人に頼っていたのを課の長であるお局が見逃すはずなく、仕事が出来ないことに加えて嫌味も言われる毎日。

酷い時は夜遅く会議室に1人呼ばれ、「何故そんなにもできないのか」と責められることもありました。

小中高大と難なく普通に過ごしてきた私にとって、「初めての仕事で何もできない」という事実は余りにつらかったです。

せっかく頑張って就職したのに結果これか・・・と思いましたね。

もちろん親にも相談しました。

「石の上にも三年」
「つらいのは皆一緒」
「人間関係が良いだけマシでしょう」

これらの言葉を言われるだけで、何の慰めにもなりませんでした。

確かに会社の人たちは皆優しい人ばかりだったので、役に立つどころかお荷物なだけの私は余計つらくて仕方ありませんでした。

とうとうごはんも食べれなくなり、みるみる痩せ細りました。
気付いたら体重は入社時のマイナス10kg。

常にどんよりした顔なので会社でも心配され、実家では浮き出た私のあばら骨を見て「ウチの娘は本当にヤバいのかもしれない」と悟ったのか、とうとう親は実家に帰ってこいと言いました。

 

自分に価値がないのではなく、ただ単に向いてなかっただけの話

ですが、私は諦めたくありませんでした。

ここで休職という手もありましたが、結局復帰したらまた同じループに嵌るだけ。

会社は何をしてくれるわけでもないし、環境に文句を言ってもしょうがないと、ある日気付いたのです。

注意ポイント

場合によって、人によっては休職した方が良いです。
身体のコンディションは違うので。
そういう制度(面談や休職)が会社にあるのであれば、活用するべきです。

確かにプログラミングは出来なかったです。

ですが、他に割り当てられていたマニュアル作成や、ヘルプデスク業務は結構得意だったんですよね。

「プログラミングができないだけで、私が無価値なわけではない!」

ちょっとした怒りと開き直りもあったのかもしれません(笑)

そうです。
私たちは「ただ単にそれが人よりちょっと苦手だっただけ」なのです。

せっかく就職した会社でこんな事が起きると、自分の存在を否定された気持ちになりますよね。

ですがたったこれだけの事なのです。

子どもの時も運動が苦手な子、得意な子がいましたよね。
運動が苦手だからと言って、その子がダメな子にはなりません。

それと一緒なんです。

決して自分に価値がないなんて思わないでください。

 

「なんで自分はこんなに出来ないんだろう・・・なんでなんでなんで」

このように思い始めると、不思議なことに、人間は出来ない理由を脳が探してきてしまうんです。
そうするとまた落ち込むループになるので、ただ一言「お疲れさま」と自分に声をかけてあげて下さい。

 

ITにおける第二新卒での転職は本当にチャンスです

もうツラくてツラくてしょうがないあなたは、転職すべきです。

そして転職は難しい事ではありません。
少しでも迷っている方は転職エージェントに登録して、エージェントに相談するべきです。

今の時代は第二新卒にとても優しいです。
私が悩んでいたのは5年前ほどですが、その間に転職サービスもすごく変わってきています。

今は20代に特化した転職サービスなんかもありますしね。

私の友人や周りはみんなマイナビジョブ20'sで転職しています。

ホワイト企業が多く、エージェントのサポートが良いことで評判良いです。
迷っている人は登録だけでもした方が良いですよ。
今は人手不足ですし、第二新卒やIT系は絶対転職先ありますから。

第二新卒の転職ならマイナビジョブ20's(トゥエンティーズ)

何より若さと、体力、頭の柔らかさを一つの会社に捧げるのって本当もったいないんですよね。

しかも何が良いって、給料さほど変わらないので、給料を気にすることなく転職できるのは今です。
転職市場には相場があります。
面白いことに、ミイダスでは自分の転職市場の相場を調べることができます。

これ面白いですよ!

特にIT系であれば、転職の時に給料UPする確率が高くなるかもしれません。
条件変えて、いろいろ相場見たり、試してみるのも楽しいです。

ミイダスで自分の相場を見出してみる!

 

プログラミングがツラいのなら、固執することなく違うことにチャレンジしよう

せっかく就職したけど、向いてなかった!

気付けただけラッキーですよ。

どんどん新しいことにチャレンジしたり、言語を変えたり、転職したり。

言いたいのは、今いる会社に固執して、将来性をつぶさないことです。

20代なら、まだまだ人生3分の1も経ってません。

これから人生100年時代に突入するんです。
そうなったとき、あなたはどんな生き方をしていななければならないのかを考えなければなりません。

その中で一つの会社に勤め続ける人の方が少なくなるでしょう。

ちなみに、私も入社3年目で異業種への転職活動にチャレンジしました。

大事なのは、これから自分がどうしたいのか。
まずここから考えてみると、あなたの人生良い方向に向き始めますよ。

▼転職エージェントに話だけでも聞いてもらいたい!▼
第二新卒の転職ならマイナビジョブ20's(トゥエンティーズ)

-私のリアル転職体験記

Copyright© 転職ジャンヌダルク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.