転職活動を始める前に

転職を親に反対されている。だから?これはあなたの人生であることをお忘れなく

更新日:

picture163

転職したいけれど、親から反対されてしまってどうにも身動きが取れない。

または今いる会社が大手企業で、転職することに親が難色を示している。

自分のためにも転職を決意したのに、どうも親が反対をしてきてスッキリ前に進めない・・・あなたは今そんな悩みを抱えていませんか?

結論から言います。

誰の人生、生きてますか?

 

転職を親に反対されていようが、あなたの人生はあなたが決める

初めての転職だろうが、3回目の転職であろうが、関係ありません。

  • 今の会社でどうしようもなくつらい思いをしているのは、あなた
  • 今の会社ではスキルアップ出来ないと判断したのは、あなた
  • 今のお給料では生活が厳しいと不安を抱えているのは、あなた

これらを感じているのは親ではないんです、あなたですよ。

 

ちょっとこれ関係のYahoo知恵袋の回答を見てみたのですが、ビックリしました。

「やりたいことのために転職を考えているが親に反対されている30歳女性」が投稿した質問への回答が以下です。

口を出されるってことはあなたの普段の生活を見て目に余るからでは?
30になっても親さえ説得、納得させれないあなた自身問題なのでは?

結婚してないなら反対するのもわけないでしょうね。
口だしするのもわかる気がします(笑)
何故か。結婚してないからです。

私が見た質問と回答の質が悪かったのかもしれません(笑)
どうして転職の質問なのに、結婚の話が出てくるんでしょうかね~。

女性はどうしても仕事と結婚が直結されて考えられがちですが、それは本人次第ですから。

そんなものはいざ結婚が決まった時に、今後の働き方についてお相手の方と話し合えば良いだけなので。

 

あなたも同じようにインターネットで、似たような状況の人はどうしてるのかなと検索するかと思います。

ですが、知恵袋や発言小町のような掲示板の回答を鵜呑みにしてはいけません。このような大衆掲示板では、ステキで親身な回答をしている方もいますが、大抵は暇つぶしで人の不幸が好きな暇人が回答しているからです。

 

話が逸れてしまいました。

 

親へ転職のことを事前に言わなければならないご事情の場合、こういう時は自身の人間力を高めるチャンスでもあります。

現職の現状、転職への目標や自分の思いをしっかりアウトプットする良い練習です。

ただただ頭が固い、自分の歩んできた道が世界の全て、みたいにしか考えられない親世代の方もいるので、頭ごなしに反対される場合はもうしょうがありません。また親世代と、今はキャリアについての考え方が大いに異なります。

理由があって転職を決意しているのに、親に反対されたから諦めるのですか?

人生を変えたいと、現状をなんとかしたいと、あなた自身も苦渋の選択をしましたよね。

このレールのまま行くのか、もっといい景色を見たくて違う電車に乗り換えるのかはあなたが決めるんです。そこに親の同乗はいらないのです。

 

転職でも何でも、親の反対と心配は紙一重

picture164本当にあなたの為を想って言っているのか、見極めましょう。

  • ただ世間体を気にしているだけじゃないですか?
  • 企業名やブランドに目がいきがちなだけではないですか?
  • 祖父母のことまで持ち出してきませんか?
  • 親が転職を経験していないのに、さもそうしたかのような口ぶりではないですか?
  • なぜ、転職後のあなたの人生がつらく苦しいと決めつけるのですか?

 

親というのはいつになっても、私たちを子どものままで見て、あれこれ心配し、口を出してきます。

中には上記のような、自分たちの保身や体裁を保つために言うこともなきにしもあらずです。本当に自分のことを心配しているのか、そうでないのかを感じ取りましょう。

そして、あなたも感情的にならず、また単なる衝動的な考えからの転職ではないことを、落ち着いて伝えましょう。

親のことを心配させたくはないですし、関係は良くあり続けたいと思うのはこちらだって同じですよね。

ですがいつ、あなたの転機がやってくるかは分かりませんし、時には親の意向に沿うことだってあります。

いつだって親を満足させることは不可能なんです。

悲しませたくないとか、ここまで育ててもらったからとか、”何を基準にして良いか分からないもの”に捉われるべきではありません。

親孝行とか、感謝とかって数値化できないですよね。だからこそ、見えないものに捉われてあなたの人生をふいにすることは避けるべきです。

 

転職を親に反対されたとしても、最終的には自分がどうしたいかが大事

picture129全ては「自己責任」のもとに成り立ちます。

自分の決定に従うのも自己責任。
親の意向に沿うのも自己責任。

どちらにしろあなたが決めるのですから、親のせいにしてはいけません。

だからこそ、後悔しないためにもあなたの基準と信念を持ちましょう。

あなたがその会社で働きます。あなたが働いて得たお金で生活していくのです。

まずは転職エージェントに相談して、自分が転職できるのかどうか、チャンスがあるかは、親に話さずとも進めて良いと私は思います。
転職の決意の時点で親に話すのではなく、転職の決意から行動し、決まってから話すとより現実味を帯びます。

 

というか、親に反対されたからって、結局は納得できないんですよね。
やっぱりどこかで心のしこりのように残ります。

酷なことを言っていると思われてもしょうがないのですが、親は死にます。それはもちろんあなたと私もです。

その時、仕事、生活、パートナー・・・あなたはどこまで自分のことを自分で決めましたか?

もし今まで親から賛成してもらえなかったことが多いとか、自分の意見は無視されていたとか、そういう痛みを手放す時があなたの中できているのかもしれません。

今辛くて仕事を変えたい、人間関係でどうしても耐えられない、少し休みたい。

大丈夫です、なんとかなります。

決意した今が一番若い時です。あなたの意思で行動に移していきましょう。

あなたも「誠実で堅実なサポート」のもと、転職活動を始めませんか?

既に活動を始めている方にも、良い転職を進めるために是非登録してみて欲しい転職エージェントがパソナキャリアです。

管理人もここで大手ホワイト企業への転職をすることが出来ましたので、使って損はない相談先です。

オススメ! 女性が転職に成功したいなら「パソナキャリア」|使って分かったオススメポイントまとめ

-転職活動を始める前に

Copyright© 転職ジャンヌダルク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.