効率的な転職の進め方

仕事を辞めたいと思った時、こういう人に相談してはいけません

投稿日:

仕事を辞めたい時に相談してはいけない相手
会社を辞めたい。けど私、本当に辞めて良いんだろうか。実はまだ自分で気づいていないだけで、留まった良い理由とかあるのかな?この気持ち、誰かに相談してスッキリさせたい・・・

実は、仕事を辞めたいと思ったとき、相談すべき相手というのは最初から決まっています。

相談したとして、結局最後に決め切るのは自分なのは言わずもがなではあります。
私自身の経験や、周りを見ていて、「こういう人には話しちゃいけないな」っていうのが分かってきました。

 

けどやっぱり、自分の人生のことでもあるし、「誰かに話したいっ」って気持ちありますよね。

本記事では、仕事を辞めたくて誰かに相談したいなと思っている人へ向けて、

▶ 仕事を辞めたいと思ったとき、相談してはいけない人々とは
▶ あなたを無条件で応援してくれる人、転職先の業界で働いている人ならOK
▶ 誰に相談したって結局モヤモヤする。気付けば自分で解決している状態がベスト

順に詳しく説明していきます。

 

仕事を辞めたいと思ったとき、相談してはいけない人々とは

仕事を辞めたい時に相談してはいけない人
こういうセリフを言いそうな人たちです。

  1. 隣の芝生は青いものだよ
  2. 止めときなって
  3. どこ行っても変わらないよ
  4. 良く考えたの?
  5. どうせうまくいかないんじゃない?

否定から入ってますよね。

つまり、あなたのその決心や決意を打ち砕くようなことを平気で言ってくる人、もとい人の挑戦に足を引っ張ってくる人が多いんです。

あなたにはここで負けて欲しくないですし、何より「自分がどういう未来を手に入れたいのか」を考えるべきなのであって、他人の意見でグラつくようではどの道うまくいきません。

「何だかんだ、私が自分で決めた道はコレ」って。その時にはもう他人の意見なんて微塵も気にしていないあなたがいるはず。

転職を経験してない人に相談するほど疲弊するものはない

転職を経験していない人に転職の相談をするほど愚かなことはないです。

だって経験してないから。以上。

経験してないことって分かりっこないですよね。

特に新卒から1社だけで、外の世界を知らない人ほどリスク回避を選びます。

「積み上げてきた昇給とかパーになるよ」とか「ここまで育ててもらって恩はないの?」というような、フザけたことを平気で言ってくるため本当に注意が必要です。

ちなみに昇給については、現在の年収を維持または上げて転職で解決です。

育ててもらった恩などという数値化できないものは無視してOK。ちなみにこういうことを言う人ほど自分が転職したり、良いように使われるだけなので、社会に対する非情さも持つ訓練にしましょう。

仕事以外の私生活に首を突っ込んでくる友達や知り合い

「仕事仕事って・・・婚活の方が大事なんじゃないの?」

マジで無視すべきです。

論点がそもそもズレて回答してくる人の相手はしちゃいけません。

こういう人は本当に井の中の蛙というか、自分の世界が全て、というような考えなので何を話しても良い結果は得られません。

仕事のことで悩んでるのに、また違う悩みや気にしていることを突っ込まれたりしたくないですよね。

今、あなたが悩んでいることが仕事のことなのであれば、それを最優先に解決すべきです。他のことは後で何とでもなりますよ。

私から言わせればもう付き合いの断捨離対象に入ります。
話が出来ない人って恐らく違う場面でも「?」というような回答とかするので、「何か疲れるなあ・・・」というようなエネルギーヴァンパイアな人間は今後の付き合いも考え物です。

親こそ一番相談してはいけない

正直な話、私は次に転職するときは事後報告だと心に決めています。

親世代こそ1つの会社に勤めあげ、給料が一番良かったときを経験しているので、もう時代が私たちとは違うのです。

  • とにかく失敗したらと思うと心配
  • 現職が大企業ほど大反対(ブランドを失いたくないのは自分たち)
  • 根性が足りない、我慢が足りない
  • 石の上にも三年
  • 転職というワードだけでアレルギー反応

こちらの記事でより一層詳しく、あなたの仕事人生は親ではなくあなた自身のものですと書きました。

参考 転職を親に反対されている。だから?これはあなたの人生であることをお忘れなく

親が子どもに与える影響って、本当計り知れないんです・・・。
転職を経験していて、「やりたいことはやってみなさい」と送り出してくれる親ってそうそういません。

あなたのご両親がちょっと固定概念が強いタイプであれば「こういう理由で辞めたくて、次はこういうところを考えている」と論理的に話して安心させてあげましょう。特にご実家などの場合は、言わないワケにはいかないと思うので、根気強く冷静に話すことをオススメします。

 

あなたを無条件で応援してくれる人、希望転職先の業界で働いている人ならOK

仕事を辞めたい時に相談すべき相手とは

じゃあ誰なら相談して良いの?全く誰にも話さないっていうのはちょっと辛いなあ。

以下の2タイプであれば、あなたの後押ししかり、有益な転職情報を教えてくれますよ。

  • あなたを無条件で応援してくれる人
  • 希望転職先の業界で働いている人

あなたを無条件で応援してくれる人

これはあなたのことを本当に良く知っている友達です。

私自身、どういう働き方が合っているのか、どういう時にやりがいを見出すのかを分かってくれている友達がいます。

事実、「色々と動き回っていた時はイキイキしてたよね」とか「あの時は仕事楽しいって言ってたよね」という、そうそう!あの気持ちは自分のどこから来るんだっけ?!と失いかけてたものを思い出させてくれたりするんですね。

また「自分がやってみたいっていう気持ちが少しでも上回るなら、やってみるが勝ち!」というようなポジティブな友達もいます。

本当にありがたいことです。

あなたのことを応援してくれる友達に相談しましょう。
無条件に背中を押してくれる人の言葉は、後ろ向きになっている時には良いパワーをもらえますよ。

希望転職先の業界で働いている人

これは本当の情報収集のためです。

転職活動を実は始めていて、希望している業界に知り合いがいるのであれば「実は今そちらの方面に転職を考えていて・・・」と相談するのが良いと思います。やっぱり業界ってそこで働いている人にしか分からない独特さだったり、昇格に必要な勉強だったりありますので。

 

私の例で言うと、私はメーカーから金融へ転職したのですが、金融業界の試験の多さについてはもう・・・(遠い目)

興味のある仕事やスキルアップのためなら金額も時間も惜しまないのですが、興味のないことに費やす時間ほどもったいないことはないと思う私にとって、結構地獄です。そこらへん完全リサーチ不足だったんですよね・・・。

試験合格が昇格要件になる場合が多い業界なんかは、試験の中身まで分かると良いですね。ITパスポートだったり、簿記だったりファイナンシャルプランナーなんかは本屋に行けば分かりますよね。

そういう知り合いはいない!という方は、例えば転職サイトdodaのチャットサポートを利用して聞いてみるのもアリです。

 

誰に相談したって結局モヤモヤする。気付けば自分で解決している状態がベスト

自分で出した答えがベスト
ポジティブな意見にしろ、ネガティブな意見にしろ、やはり最後は自分で決めて行動を起こすしかありません。

どんな意見を聞いても、決断を起こすときにはそれらの意見って全部吹き飛んでます。

自分で決め抜くことを徹底する理由としては、

誰のせいにも出来ない、全ては自己責任で人生を生きる

ことが大事だからです。

たまにいますよね、「だって誰誰がそう言ってたから」「みんなそうしてたから」って自分の決断を他人に委ねてしまう人。

ポジティブな意見ばかりをもらってもそれが100%良いかどうかは分かりません。
「でも給与が・・・」「本当に良いのか?」って次の日にはまた悩んじゃうもんです(笑)人間ですから、やっぱり損する道は歩みたくないですよね。

だからこそ、あなたが迷う思いを抱えながらでも、どうしよう?ではなく、「より良くするためにはどうすべきか」の視点で日々を送っていきましょう。

白か黒かじゃなくて良いです。どちらかが10%ほどでも上回ったら行動していくことが大事。

転職と決めたなら転職エージェントに相談する。
>>あなたの悩みに合わせた充実なサポートで私に合った転職をする

関連記事 私が実際に使った転職エージェント「パソナキャリア」のオススメポイントを具体的に語ります

意外と新しいプロジェクトメンバーになって、居残る理由が見つかったりとか。そういうこともありますね。

 

相談相手も、ちゃんと選んでいきましょう。

あなたの悩みを真剣に捉えてくれる人、良い方向に向けてくれる人を周りにおいて、良い決断ができますよう応援しています。

こちらも併せてどうぞ ハローワークでの転職相談は絶対ダメな理由とあなたに合った求人を探すコツ

-効率的な転職の進め方

Copyright© 転職ジャンヌダルク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.