私のリアル転職体験記

1つの会社しか知らないのは嫌、という理由で29歳で初めて転職した話

更新日:

picture165

私は29歳で初めて転職しました。

それも、「1つの会社しか知らないのは嫌だなぁ」という理由です。

 

新卒で配属された開発職で身体を壊し、耐えきれずに入社3年目で転職を意識。

経験なし・スキルなしの第二新卒なんてどこも雇ってくれないだろうと決めつけ、接客業が好きだったこともあって、既卒で客室乗務員の試験を受けました。

無事に航空会社に内定をもらい、「客室乗務員になる!」という一歩手前で願ってもない異動命令。

私は何ヶ月もかけて準備し、もらった内定を辞退して異動しました。

 

そして異動先の仕事はとても楽しく、充実こそしていましたが、私はそれでも転職することを選びました。

 

1つの会社で人生終わりたくない。
もっと色んな人と仕事してみたい。

 

転職して最初の半年は後悔もしましたが、今は結果的に満足だと断言できます。

 

あなたは巷に流れている転職の情報に振り回されていませんか?

「こんな理由で会社辞めるとかどうなんだろう・・・」とか。

この記事では、転職しようと思い立った時の私の気持ちを書き起こしました。

悩んでた気持ちが晴れたかも」と少しでも感じて頂けたら嬉しいです。

 

1つの会社しか知らないのは嫌だけど、転職しても良いのかは不安だった

転職と決めて、最初はとにかくインターネットでありとあらゆる情報を探しまくりました。

転職情報を流しているサイトってどこも同じ感じがする

  • 女性の場合は、結婚・妊娠・出産を踏まえたキャリアプランを考えましょう
  • ただ逃げ出したいという衝動的な気持ちになっていませんか?
  • あなたの転職動機はポジティブなものですか?
  • 今の仕事は完全にやり切ったと言えますか?
  • 転職は女性30歳限界説

どれも全く参考にならない(爆)

え、もう転職って決めてたんだから情報収集いらないよね?
決めてはいたけどやっぱり不安で。私は石橋を叩き割るタイプです。

 

私たち日本人は、基本的に個よりも集を意識してしまうので、不安で迷う時ほど、こういう情報に左右されがちなんですよね。

あなたもより一層、自分の今の声を聞いてあげて下さい。

情報を参考にするのは良いことだと思います。

ですが「ああ、やっぱり私は転職しない方が良いケースなんだな」で終わらないでください。

やり方なんて色々あるんですよ。
自分のキャリアプランを1つづつ挙げながら考えても良いし、転職サイトを見ながら考えても良いし。

ただ、次の職場が決まる前に辞めることだけはオススメしません。
何故なら不安感と焦りしか考えられなくなって、ブラック企業に行ってしまうから。

さらに詳しく

 

1つの会社、小さな人間関係、知見が広まらないまま働き続けるリスク

picture166
30歳になる前には、転職しようとは漠然と思っていました。

ずっとこの気持ちは新卒の時から持っていました。
6年で2つの部署を経験できたので、ちょうど良いタイミングだったんですね。

え、それだけ?
これだけではないけれど、ほとんどそう

 

別に会社辞めなくても、プライベートでコミュニティに入ったり、別の知り合い作れば良いというのも分かるんですけれど。

起きている時間の大半って職場で過ごすじゃないですか。
そうなると知らず知らずのうちにそれがコミュニティになってるんですよね。

しかも人はラクなほう、ラクなほうへ流される生き物なので、必然的に生きる範囲が狭まってしまう・・・。

 

恐ろしい!!!
世界は広いのに!!!

 

私は異動した部署で、ありがたいことに素敵な取引先と仕事させてもらえた機会が多くありました。

沢山の方々と会えましたし、もちろんその分、考え方も様々なわけで。
そして、改めて自分の知らない仕事って世の中にたくさんあるんだなぁとヒシヒシ感じました。

その中で思いはどんどん強くなりましたね。
もっと色んな人と接してみたい」と。

 

動くなら今しかない。全てのタイミングが揃った、かも?

もちろん視野を広げるだけで転職なんて、とんでもないと思いますよね。

 

再度になりますが、私は石橋を叩き割るタイプの人間です。

もちろん1つの会社で終わりたくない以外にも転職の理由はいくつかありました。
会社の業績による向いていた仕事の外注化の動き、上司とソリの合わなさの限界、年齢、チャレンジ・・

 

もう、今でしょ!

本当、ただただ、タイミングが合ったと感じました。
こじつけかもしれませんが、それも一興。

ですが、それもチャンスだというポジティブな見方をした結果だと今は思います。

 

ずっとそんな理由で、転職におけるリスクは考えなかったのか?

もちろん考えました。

勢いで辞めるわけにもいきませんし。

  • 希望の職種が見つからない可能性
  • 年収が大幅に下がるかもしれない

この2つです。

 

特に” 職種が見つからないかもしれない” が一番怖かったです。

実際、転職エージェントには「希望の仕事の紹介はありません」と言われましたし。
(これ結構きつかった)

 

ただ諦めたくなかったんです。
希望の職種も、年収キープもどちらも。

 

探せば絶対ある!

この想いを捨てず、会社を探し続けました。

失敗したくなかったので、転職のための事前準備は怠りませんでした。
しっかり転職における軸は作って、自分で納得して臨みました。

>>転職に失敗したくないあなたに伝える自分軸の作り方

 

1つの会社しか知らないのは嫌、という理由で転職した結果

picture167
希望の職種、年収アップで転職できました。

 

できましたというか、しました。

これからどうなるかはさておき、思いは達成できたなあという。

いざ入社してみて、人間関係も問題ないですし、労働環境も悪くないです。

 

正直、転職を決めた時の色々と検索した情報なんて、本当ただの参考にしかならないんです。

当たり前ですけど。

大事なのは、「将来」とか「これから」とかより、「今」自分がどういう気持ちをもって、何をしたいかなんですよね。

だって情報に振り回されて自分の人生、挑戦したいのにできない、しないなんて勿体ない話です。

希望の会社がないならないで、今がタイミングじゃない人もいれば。
転職サイトや転職エージェント経由で良い求人がもらえるかは、やってみないと分からない。

 

ちなみに私がお世話になった転職エージェントはパソナキャリアです。
良いエージェントさんがついてくれ、とても親身にサポートしてくれました。

特に初めての転職で、親身なサポートが欲しい!というあなたにはうってつけ。
転職エージェントのサポート充実度では顧客満足度1位の業界大手です。

もし、あなたも同じ想いを持っていて、なかなか踏み切れないのであれば、転職エージェントに求人を紹介してもらうだけでも立派な行動です。
私も登録するまで2ヶ月くらいは悩みっぱなしでしたから(笑)

こんな理由でも、仕事変える人がいるんだよ、ということをお伝えしたいです。
日本は元より、世界はもっと広い。

人間関係ちょうどリセットしたかったあなた。
色んな人に会って自分の内面を充実させ、より豊かな人生にしてみたいあなた。

あなたも今がその時です。一緒に頑張っていきませんか。
>>パソナキャリアへ登録してみる

-私のリアル転職体験記

Copyright© 転職ジャンヌダルク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.