転職活動を始める前に

「転職したいけど実績が何もない」悩みから抜け出す3つの方法

更新日:

転職したいけど実績がないと悩む人へ
今の会社にずっとはいたくないし、転職したいと思うけど、私何も実績ないしなあ・・・

あなたはこんな悩みを抱えてはいませんか?

私も入社3年目に初めて転職を意識しましたが、同じように「転職したいのに実績が何もなくて動けない・・・」と悩んでいました。

その頃は視野が狭く、動き出した時はかなり破天荒な方向へ行ってしまったのですが。

後悔はないですが、今思い返せば他にも道があったなあと考えさせられることもあるので、「今の私ならこうする」という方法をご紹介したいと思います。

これからご説明する3つのことをしてみるだけで、「あれ!キャリアアップの道が見えてくるかも!」とあなたのモヤモヤが晴れた状態になりますよ。

 

「転職したいけど実績が何もない」悩みから抜け出す3つの方法


転職って凄くハードルの高いことだと尻込みしていませんか?そんなことないんですよ。

大企業の名前や、カタカナ職種なんかを聞くと、自分にはとてもじゃないけどムリなんじゃないか・・・と後ろ向きになってしまいますよね。

 

だからと言って、そんなやってもみないうちから自分のキャリアを諦めて欲しくないと思います。

「安定してお給料をもらえるだけでもありがたい」なんてたまに聞きますけど、本当にそうでしょうか?

転職したいということは、心のどこかで現状に不満を持っているからですよね。私なら仕事もプライベートも両方楽しみたいと思います。もっと正直になって良いんですよ。

 

キャリアは自分次第で変えられますし、転職はスキルや資格よりも、運や出会えた求人のタイミングにだって左右されます。

実績が何もないと思い込んでるだけで、実は企業が求めているスキルだったり、これならやっていけるかもなんていう職は全然あることを知ってもらえればと思います。

①なぜ転職したいのかを自分の中でハッキリさせる

え?こんなこと?

そうですこんなことです。でも意外と出来ていない人が多いんです。

「これからの仕事に活かせる資格は何ですか?」とか「いや、売り手市場だって聞いたんで」みたいな人だってエージェントに相談しに来るくらいなんですよ。あなたが頭を悩ましている間にも、です。

仮にエージェントに登録しても、せっかく自分の希望を言えないのであれば求人は持ってきてもらえません。

あなたの今の不満が「ルーチンばかりでやりがいがない」にしろ、「もうちょっと年収を上げてチャレンジしたい」でも構いません。こうなりたい!という思いの方が強く大切なのです。

不満は上手く前向きに伝えられるように変換すればOKです。転職は「前向きな理由」「現職をやり切ってから」でないとダメなの?にて、その方法を詳しく説明していますので、どうしても自分の転職理由がネガティブにしか考えられない方は参考にして下さると嬉しいです。

あなたは転職した後の自分がどんなだったら嬉しいでしょうか?転職した後の自分の姿を想像してみて下さいね。

②世の中の転職市場を知る

これがほんとーーーーーに大事!

確かに転職は未経験で新しい領域に飛び込むか、今の経験を活かすかのどちらかです。20代であれば未経験はまだチャレンジ可能ですし、ITやサービス業は未経験でも人手不足ですから可能性はあります。

今の経験を活かす、となると

だから実績がないんだって・・・

に繋がってしまうかなと思いますが、意外とそうでもないんですよ。

現在、営業事務をしているけどやりがいがなくて転職を考えている場合

パソコン操作など基礎スキルさえあれば、異業界の事務職にだって全然移れるわけです。

今の営業事務は業務範囲も狭いし、今後に繋がるスキルがつかないかも

こんな不安を考えてたとしますね。

もっと自分がサポートしているプロセスがハッキリ見える職場が良いとか、もっとIT系の会社で事務をやってみたいと思えば、求人はめちゃくちゃあります。

  • 東京都勤務
  • 職種業種未経験OK
  • 正社員

試しにdodaで上記の条件で検索をかけてみたところ・・・278件もヒットしました。

これ未経験OKですからね。エージェントに登録した場合は、さらに非公開求人の数がボンっと上乗せされます。しかも年収は350万は平均値です。

③職務履歴書を実際に書いてみる

めんどくさい!マジでめんどくさいですよね分かります!

 

私も初めて転職した時は、特に職務履歴書の書き方が分からなくて一番時間を使った部分です。

何を書いて良いのかも分からないし、アピールポイントかもしれないのに自分ではそう思っていないから相手に伝わらない、なんてこと沢山あったんですよ。

でも大丈夫です。これは転職しようかどうか悩んだ時に、やみくもに書こうとしてただけの時です。
dodaに登録すると「職務履歴書作成ツール」という機能が無料で使えるので、見本に沿って入力するだけで完成させることができます。事務職用のサンプルも置いてあるので、手本に出来ますよ。

書くことがなかったとしても、キャリアタイプ診断で自分の適性が分かるサービスが使えるので、そこから文章を参考にできたりするので。

 

で、出来たら一度エージェントに添削を任せちゃいましょう。

「面倒なことはプロにお任せする」っていう割り切りも大事で、1人で抱え込まずにメリットは使い倒す勢いでいきましょう。

エージェントは何千枚と職務履歴書を見てきてるので、「もうちょっとここ盛りましょう」とか「ここはもう少し詳しく書けますか?」とアドバイスをくれます。

見てもらうだけでも、見違える職務履歴書が出来るもんなんですねえ・・・驚くべきことに。

私も最初は「何を書けば良いのか分からない」状態だったのですが、添削後に他のエージェントに登録したところ「直すところないですね~」と言われるまでになりましたので、慣れと回数と適切なアドバイスがあれば絶対大丈夫ですよ!

 

またこれは余談ですが、自分のキャリアをちゃんと考えている人ほど職務履歴書をアップデートしている頻度も高いです。しかも一回ベースが出来れば使いまわせますしね。私もこれは意識して、その後は履歴書をアップデートするようになりました。

 

みんながみんなそんな凄い実績があるわけではなく、大事なのは「知ること」


お伝えした中でやっぱり大事だなと思うのは「②転職市場を知る」ことです。

世の中にはまだまだ知らない仕事はたくさんあって、チャンスは誰にでもあるということを知って欲しいです。

どうしても今の自分の会社が長かったりすると、その会社が基準になって視野が狭くなってしまいます。

これは私も初めて転職した時に思い知らされました。「もっと早く色んな会社を知っていれば~!」という感じでしたね。

転職に限らず、キャリアの棚卸はとても大事なものです。なんとなーく仕事をして、なんとなーく毎日を過ごしているだけで本当あっという間です。それでも「私このままじゃマズいのかも」と考えるだけでも、真面目に自分の人生に向き合っている証拠です。

私も最初は「何の実績もない」から始まって、今は自分の理想のキャリアを歩み始めました。しかもアラサーからです。

まだ悩んでいる方、これから活動し始める方、それぞれですが、言えるのは「行動を始めた人が結果を得られる」です。まずは登録から始めて少しの情報を得ることから始めてみませんか?

-転職活動を始める前に

Copyright© 転職ジャンヌダルク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.