効率的な転職の進め方

転職先で後悔しないために転職活動中に行うべき2つの秘訣

更新日:

転職活動で必要な2つのこと

転職後の後悔はなるべくしたくない。誰だってそう思いますよね。

 

人間関係をリセットしたい、残業が慢性化、仕事がつまらなくなってきたなどネガティブな理由もあれば

スキルアップして市場価値を上げたい、ユーザへ提案する側で回りたい、給与を上げたいなどポジティブな理由まで。

転職に踏み切る理由は人それぞれですが、根幹には

 

失敗は避けたい

この思いがチラついて、どうもあと一歩踏み込めないというあなた。

 

本記事では

▶ 転職先で後悔しないために転職活動中に行うべき2つの秘訣
▶ 転職先で後悔したくないなら、自分軸を作ることから始めてみよう
▶ 人間関係・仕事内容・残業時間など、気にしている点は転職エージェントに聞く
▶ まとめ:転職先で後悔しないために今ある不安は先に潰すこと

少しでも事前の不安を取り除いて、あなたをハッピーに導くための転職術についてお伝えしたいと思います。

 

転職先で後悔しないために転職活動中に行うべき2つの秘訣

転職活動では事前の準備が大切かなと。

求人を見て、良さそうなところにガンガン応募するだけではリスキーです。

転職後に後悔をしないために行うべき秘訣2つ

  1. 転職に失敗したくないなら、まず最初に自分軸を作る
  2. 人間関係・仕事内容・残業時間など、気にしている点は転職エージェントに聞く

ただ闇雲に動いて「もっとああしとけば良かった!」なんてことにならないために、上記の手順をぜひ組み込んでみてください!

出来るだけ不安は取り除いておくことで、失敗や後悔に繋がるリスクを抑えることが出来ます。

 

転職に失敗したくないなら、自分軸を作ってみることから始めてみよう

転職における自分軸を考えてみる
転職において、給与や職場環境の改善など、色々と求めるものがありますよね。

ただ、その中で

  • 仕事を通して自分は何を得たいのか
  • 仕事を通してどう成長(キャリアアップ)していきたいのか
  • どういう時に「仕事してて楽しいなあ」と感じるのか

これらはほんと~~に大事なことです!!

皆さん世間体とか、仕事なんてこんなもんだとか、外から刷り込まれたモノを自分の気持ちだと錯覚してしまってることないですか??

 

自分軸の作り方の詳細なやり方については、以下の記事で説明しています。
私も1回目の転職では、何回もノートに書いたりして整理しました。
(それでも後からバンバン気付くこと出てきます)

>>転職に失敗したくないあなたに伝える自分軸の作り方

 

そんな大それたもの急には思いつかない・・・

と、思うかもしれません。
そういう時は「したくないこと(嫌)、しても苦ではないこと(好)」ぐらいでも良いと思います。

自分軸が少しでも出来上がってくると、求人票を見た時に「定時帰宅できて良いけど、スキルアップは望めなそう」など、自分の望むものが明確になってきます。

 

人間関係・仕事内容・残業時間など、気にしている点は転職エージェントに聞く

色々と質問、聞きたい事を発している人たち
こんなこと聞いて良いのかな・・・って思っていませんか?

あなたが次の仕事で重視したいこと、不安に思うことはガンガン聞いていきましょう!

分からないことがあるなら聞く

これは転職エージェント相手であっても同じです。

転職エージェントの強みは、その企業の採用担当者と直接繋がりがあることです。

その特性を活かしましょう。

以下に挙げる3点は、転職エージェントに聞いておけばイメージがつきやすく、聞いていたことと違う!という予測不能をあらかた回避できます。

人間関係

例えば、女性ばかりの職場で、人間関係に疲れて転職を決めた場合。

応募先の男女比や年齢層、どんな感じの方が多いのかを転職エージェントに聞いてみましょう。

確かに実際の人間関係は入ってみないと分からないです。異動とか、上司がすぐ変わってしまったなど全然あり得ますから。
人間関係に限ったことではないのですが。

でもこれだけ聞いただけでも、「あ、そこまで女性ばかりの職場ではなさそう」とか掴めますよね?

私は実際、「女性ばかりでピリピリしてるような職場はイヤなので、男女比と年齢層教えてください」と転職エージェントに聞きました。

回答は男女比半々、40代~50代で転職者も多い部署、とのこと。
そして実際に入社した結果、回答は間違っていませんでしたよ!

参考程度でも聞いてみて下さい。
これは他の転職者、なかなかやらないノウハウです(笑)

仕事内容

これは私の失敗から、特にお伝えしたい内容です。
私自身、仕事内容と会社の特性を軽く見ていたので、今現在キャリア形成におけるミスマッチがあるなと感じています。

  • 自分がこれまで培ってきたスキルと、ミスマッチしない仕事内容であるか
  • もしくは自分のやりたいことがあって、それを成し遂げられそうな仕事内容であるか

求人票に記載してある業務内容はほんの一部にしか過ぎません。
仕事内容についても、細かく聞いておきましょう。

事務職であれば、データ管理系が多いのか、請求書のチェックなどが多いのか。
一日の仕事のスケジュールを聞いてみるとかですね。

例えばで言うと、細かいケアレスミスをしがちで、数字の羅列を見て金額を確認するようなことが苦手な性格なのに、予算管理系の事務職に応募してつらい思いをするのは避けたいですよね。

またその仕事に関するスキルをレベルアップさせたいと思っても、企業が2~3年くらいで部門をローテーションするような場合、意にそぐわない異動も受け入れないといけません。

もしあなたが今の専門分野をもっとスキルアップさせたいのような理由であれば、大企業は逆に合わないかもしれないということです。

大手企業だと、確かに使える資金の豊富さも違うとは思うのですが、比例してやれることが小さい!
組織および業務が細かく分かれすぎているので、フレキシブルに動けないんです。これが私の失敗です。

残業時間

通常時、繁忙期の残業平均時間は絶対に聞いてください!

残業が余りに多くて転職したのに、入ってみれば予想を上回る残業の多さだった・・・という繰り返しは避けたいもの。

私の同期は残業の少なさを一番重要視していたみたいで、転職エージェントにあらかじめ聞いておいたと言っていました。
(聞くだけじゃなくて「残業がないところ」みたいに希望出してたのがすごい)

そしてその通り、1年間で毎月の残業は5時間~10時間以内に収まっている生活を送っています。

 

最近は電通の女性社員の過労自殺がメディアに大きく公表されたこともあって、残業時間削減の取り組みに対して厳しくなっている感じがあります。

特に大企業であれば世間にその数字をアピールしたいので、無理にでも残業を減らして帰宅するような施策を取っています。

ワークライフバランスの推奨とか、その実績があるかどうかも併せて聞いておくと、より安心かなと思います。

 

まとめ:転職先で後悔しないために今ある不安は先に潰すこと

不安を手放した女性
人間関係、仕事内容、残業時間など、あらかじめ不安に思う点は、聞くこと。

転職エージェントに聞いておくことです。

 

転職エージェントを利用するときの盲点として、退職の理由、やりたい仕事、定時で帰りたいとか要望は伝えても、不安に思っていることを解消するための質問をしていない人、実は多いのです。

「内定を2つもらいましたが、A社はこういう所が不安で、B社は〇〇な点で自分に合わないと感じています・・・」とか。

恐らくこういう場合、どちらとも行かない方が良いです。

  1. まず自分軸を作り、転職する方針を決めます。これで応募先の企業はある程度は絞れるはず
  2. その応募先について、求人票には書いていない自分が不安に思っている点を転職エージェントに詳しく聞いてみる

この2つをすればあなたの不安は随分と軽減されるはず。
そしてうまく転職エージェントと付き合っていきましょう。

充実したサポートと支援、女性目線での考え方、無理をさせない企業選びを転職エージェントに求めたいあなたには、パソナキャリアをエージェントとしてつけることをオススメします。
私も実際に使ったエージェントでして、とても良いサービスで転職できました。無理なくっていうところが良かったですね。
パソナキャリアは老舗の大手人材会社であり、数ある転職エージェント会社の中でもサポートの質はNO.1です。
>>自分に合った「正しい転職」を一緒に考えてもらいたいあなたはこちら

 

あと、やはり実際に働いている人の口コミも参考にすべきかなと思います。
>>10万件の企業口コミ。キャリコネ

 

あなたが不安に思っていることは、周りの人も不安に思っています。
ですが、あなたは今そこから一歩抜きんでようとしているところですよね。

ぜひ、ご紹介した2つの秘訣を使いながら、良い転職活動をしてみてください。
あとで後悔するより、今の少しの行動があなたの人生にもっと経験値をもたらしてくれますよ~!

-効率的な転職の進め方

Copyright© 転職ジャンヌダルク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.