私のリアル転職体験記

入社3年目、SEだった私がなぜ客室乗務員への転職を決意したのか

更新日:

もう限界!絶対辞める!まだ若いのにこんなことで人生ムダしたくない!!

 

入社3年目、SEだった私は始めて転職を決意しました。

  • せっかく新卒で入社した会社を辞めるなんて
  • 次の転職先が決まらなかったら?
  • 安定が一番幸せなんだよ

 

人って周りと違うことをしようとすると、こんな感じで足を引っ張ってくるんですよね。

 

私だって怖かったです。

なぜならまだこのときの私は、典型的な常識を押し付け、世間体ばかり気にする側の人間だったからです。

完全に井の中の蛙でした。

 

入社3年目を迎え、今あなたはどんな気持ちで働いていますか?

 

本記事では、SEとして働いていた私が

  • なぜ異業種のキャビンアテンダントへ転職しようと思ったのか
  • 入社3年目で転職を決意する葛藤や迷い
  • 少し見方を変えれば、異業種への転職は必ず出来ること
  • もし今の私が当時の状況を考え直すとしたら、どんな行動をとるか

SEに括らずとも、入社3年目で転職をしたいと考えている、あなたの手助けになれれば幸いです。

 

なぜ入社3年目でSEから異業種の客室乗務員へ転職を決意したのか


とにかくもうプログラミングから逃げたかった

 

これに尽きます。理由はこれだけです。

 

それほど悩んでいたんです。

 

顔と身体はやつれるわ、涙止まらないわ、会社に行っても何もできないわで。

 

自分という存在を否定されたこの感じ。

 

そんな状況の中で、同じ職種に転職しようとは到底思えなかったんですね。

当時はまだ社会に出たばかりで、知識も経験もなく、すごく視野が狭かった。

そのため、またIT関係に転職しても同じ思いを味わうだけだとシャットアウトしてしまっていました。

 

本当ならどこかの転職サービスに登録して、プログラミングとは関係ない管理系のITの仕事を紹介してもらえていたかもしれないのに。

要は完全に無知だったんです。

業界に対しても、職種に対しても、自分に対しても。

 

「石の上にも三年」が自分の中で崩壊した瞬間

石の上にも三年、は嘘
もちろんこの決断に至るまでに、親、上司、友達、バイトの先輩・・・あらゆる周りの人たちに相談しました。

当たり前ですが、答えって二極化するじゃないですか。

 

辞めるか、耐えるか

 

相談しておいて何様だって感じなんですが、この時は自分が未熟すぎて

「誰か私を救ってくれないかな」

みたいな気持ちでいっぱいだったんだと思います。

 

入社1年目から既に悩んでいたプログラミングが出来ないというこの壁。

しかも実は配属前の研修から「これはヤバいかも・・・」状態だったのです。

 

何とか自分なりにしがみついてみたものの、3年目になっても壁を越えられませんでした。

努力が足りないとか、勉強したのかとかありますけど、仕事なのでそれは当たり前。

だって会社は辞めたくないですから。

 

ここにきてやっと「さすがに向き不向きがあるんじゃないか・・・?」と思わざるをえませんでした。

業務はプログラミングの他にも色々やってましたが、プログラミングのツラすぎ度合いが全てのメーターを振り切ったんですね。

気付けば身体を壊すほどになっていました。

 

挫折すると、改めて人にも優しくなれます。

失敗したことがない人とか、器用でうまくこなせてしまう人には、この気持ち分からないと思うので。

 

私は小中高大と普通に過ごせてきたこともあって

「何とか努力すれば何だって出来るでしょ、出来ないのは自分の努力不足のせいだ」

と思って生きました。

ただ身体を壊して、自分のこれまでの人生を悲観してまでしなきゃいけないことなのでしょうか。

私はここで大きな挫折を経験し、自分からギブアップする弱さを学びました。

 

転職したいけれど、スキルも強みもなくて途方に暮れる毎日


私はこれからの仕事をどうするのか考えました。まだ26歳、当たり前ですが働かないと生活していけません。

「どうしよう、こんなはずじゃなかったのに」

 

解決策よりも悔やみばかりが思い返される毎日でした。まだ自分でもこの状況を認めたくなかったんでしょう。

 

「会社ってツラいところなんだな。こんな思いするなら、バイト先の社員として楽しく接客してた方が良かったな。」

 

過去ばからい振り返っててもしょうがないのですが、反して、楽しかったバイトの思い出ばかり蘇ってくるわけです。

 

私は大学生のとき、カフェで働いていました。

ただ働くだけじゃなくて、店長にくっついて、色々学び、それなりに工夫してバイト時間を楽しく過ごしていました。

さらに、自分のしたことでお客さんが喜んでくれたり、お礼を言ってくれたりすると満たされる気持ち。

 

次の仕事ではこれを活かしたいなと思ったんですよね。自分の考えたことで誰かが喜んでくれること。

だからと言って安易にサービス業への転職はリスクかもしれない。

やるならちゃんと自分が納得した働き方じゃないと、また自分を裏切ることになってしまう。

 

ただなぜか、小学校のときの夢がキャビンアテンダントだったことも同時に思い出しました。

急な思いつきではありますが、調べてみると、客室乗務員には未経験の既卒枠があることを知ったのです。

 

「これだ!!!」

 

こうして私は客室乗務員になるべく、転職活動を始めました。

 

その時の話、また客室乗務員へのより具体的な転職方法は以下もご覧ください。客室乗務員になりたい、なりたかった第二新卒の皆さんは全員チャンスありますよ!

関連記事 第二新卒が既卒枠で効率よく客室乗務員に転職できる3ステップ

自分自身への見方を少し変えれば、異業種への転職は必ず出来る


私はたまたまSEから客室乗務員への挑戦でしたが、転職で異業種へって全然普通の話なんですよね。

  • 販売職から事務職へ
  • 営業からエンジニアへ
  • 公務員からフリーランスへ

 

他にもたくさんあると思います。

 

やはりここで大切なのは、何よりもそれに向かいたい気持ち、このまま終わりたくないという気持ちではないでしょうか。

 

何がキッカケでその気持ちは溢れてきたのか、どういうことならあなたはイキイキとするのかそういう原動力は時にすさまじい力を発揮します。

 

あなたも異業種に転職したい、畑違いの仕事をやってみたいという気持ちは、大切にした方が良いです。

そんな気持ちになることは何なのか、思い出したり感じてみることから始めても良いのではないでしょうか。

 

仕事や業界、職種の幅広さを全く知らなかった無知さゆえ

私も最初に就職したのがSE(と、言えるのかどうかも分からないレベル)だったので、転職も同じSEでしかないと最初思っていました。

そしてまだまだ視野が狭かったなあと今になって思うことは、プログラミングがダメでも、ヘルプデスクは嫌いじゃなかったんだという点。

ならヘルプデスク職で転職しても良かったのですが、当時はそんなこと思いもしなかったんですよね。

何よりITはまずプログラムから、がセオリーだと決めつけていたのです。


それにプログラミングだって、言語はもちろん、WEB系などの業界など選択肢はまだありました。

もっと自分が興味を持てそうな、理解しやすそうな言語を調べてみても良かったのです。

 

ひとつの言語でダメなら、もう私はエンジニアには向いてないってことだよね

そういう思考でいたばっかりに、もっと他の道もあるかもよ、という脳内検索ができなかったみたいです(笑)

 

入社3年目だからって気後れする必要はない。今こそ人生のキャリアを再スタートする


入社3年目だからって、何でしょうか。

3年続けたからといって、じゃあそれをずっと継続しなければいけないのでしょうか。

 

そんなことはありません。

3年続けてきたからこそ、就職活動していたときには気付かなかったことに、気付けている自分がいませんか?

 

仮に大学4年で就職し、3年続けると25歳~26歳。あなたはあと40年ほど働くことになるんですよ・・・!

確かに続ければ、先で変わることはいくらでもあるでしょう。ただ、それはいつなのかは誰も分かりません。

ガマンしつづけ、身体や心を壊してしまっては元子もないのですから。

 

挫折って良いですよ。

私もこの経験があったからこそ、安定や常識にがんじがらめされた思考から脱却出来ましたから。

 

「3年目で怖いかもしれないけど、今あなたはここにいるべきじゃないんだよ」

もう一人のあなたは、既にそれを知っていて、心の奥から呼びかけてくれているんじゃないでしょうか?

人気記事 女性が転職に成功したいなら「パソナキャリア」|使って分かったオススメポイントまとめ

-私のリアル転職体験記

Copyright© 転職ジャンヌダルク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.