キャリア

「仕事のやりがいとは何か」はこの5つの特徴を知れば解決できる

投稿日:

仕事のやりがいに悩む女性

やりがいのある仕事に就いている人って凄くキラキラして見えますよね。

なんかこう、その人から滲み出るリア充感とか、話している感じの良さとか。

やっぱり「仕事楽しいです!」って言える人は魅力的です、それがどんな職業であれ。

 

やっぱり人生、働くなら少しでも自分で意義や価値を見いだせる仕事で稼いでいきたいものですが、

仕事にやりがいを感じる人とそうでない人の違いって、「今の仕事の中でやりがいを自分で見つけられている=やりがいのある仕事をしています」ということではないでしょうか。

 

そのやりがいを見つけられていないから悩んでるんですけど

 

実は、仕事にはやりがいを感じる5つの特徴があります。

つまり、これに該当すればするほど、あなたの仕事はやりがいあるものとなるのですね。

私も転職時はやりがいは欠くことが出来ない要素だったのですが、今思うと確かにこの特徴に当てはまるなと感じています。

そしてこの特徴5つと共に、まず自分が仕事に何を望みたいのかも分かっていると、より判断しやすくなりますよ。

 

やりがい、はやっぱ欲しいなあ。今の仕事では到底感じられないし、どうしたら良いんだろう・・・

こうお悩みの方は是非読み進めて頂けると幸いです!

 

「仕事のやりがいとは何か」はこの5つの特徴を知ることで解決できる

仕事のやりがいについて書き出す女性
では、やりがいのある仕事とはどのような特徴があるのでしょうか。

フロリダ州立大学が行った「仕事のやりがい」についての研究結果として、面白い結果がこちらになります。

私自身この特徴について、得意不得意、好き嫌いなど分析をし、今までの会社で良かったこと悪かったことを洗い出してみました。

すると確かに自分の中でこの特徴5つに当てはまっていることこそが「やりがいのある仕事」だったのです。

  1. 自治性:どれだけ仕事を自由にコントロールできるか
  2. 多様性:仕事の内容に幅があること
  3. 困難さ:適度な難しさがあること
  4. フィードバック:自分の成果がハッキリ把握できるか
  5. 全体性:仕事の最初から最後まで関われるか

詳しく見ていきましょう。

①自治性(コントローラビリティ)

私は自治制には意味合いが2つあるかなと感じています。

  • 1つ目は働く時間

裁量労働は悪、と言われがちかもしれませんが、私は9:00-18:00ピッタリの時間内で仕事!って言うのが好きじゃありません。

アイデアがパッと浮かべば夜中にだってパソコンを開いて作業したいし、病院に行きたい時は自由に午前半休にしたいし、雨や雪が降ろうものなら在宅ワークが良いんです。9:00ちょっと過ぎたら怒られる、なんてことはイヤです。

  • 2つ目は仕事の内容

単純作業ばかりやらされるのではなく、ある程度自分の頭で考えてコントロール出来るかです。事務作業めっちゃ向いてない・・・という人はコレ当てはまると思いますよ。

②多様性

大企業にいても仕事にやりがいがないなと感じている人はコチラ。自分の仕事にふり幅があるかどうかですね。

先ほどのコントローラビリティに少し被ってしまいますが、大企業ってそれゆえに自分の仕事の範囲がすんごい狭いんですよね・・・。ちょっとしたことも他部門に聞いたり上司に何人もお伺い立てないといけないですし。いちいち面倒でこの工程が好きではありません。

自分の能力を無視して、狭い範囲の仕事それだけしか出来ないって言うのはいずれ飽きますし、向いていない場合は最悪です。

③困難さ

ある程度チャレンジングな方が良いということ。

単調な仕事してても給料は上がりませんよね。それは仕事のパフォーマンス以上に人件費が上回っていたりするからです。単価の低い新人やバイトでも出来ると言ったような仕事はチャレンジングではなく、また責任もないので給与が上がっていかないのは当然です。

④フィードバック

実は広い世の中からしてみれば需要のある仕事なのに、お金にならない、上から理解されないということで軽視される業務ってありませんか?

企業の中でもお金を掛けてもらったり、注目されるのって新規事業だったり商品開発だったり、いわゆる花形の部門だったりしますよね。こんなに働いているのに上司からの評価が低いとか、全然給料が上がらない、昇進出来ないことをストレスに感じる人は多いです。

然るべきフィードバックを得つつ、それが次の課題だったり、モチベーション維持に繋がるものでなければやる気を失ってしまいます。

⑤全体性(ホールネス)

自分の仕事が最初から最後までに関われるかどうか、全体を見れるかどうかですね。

例えば工場の生産ラインで部品を作るだけではなく、商品の企画段階からユーザーへの納品まで、全体的に少しでも自分が関われたら嬉しくないですか?

つまり全体をちゃんと知っておきたい!というタイプの人は大企業だとサラサラ無理な話なので、ベンチャー企業とかフリーランスが実は合っているってことなんですよね。

 

「仕事にやりがいなんてない」と言う前に、自分が仕事に何を望んでいるのかを把握することが大切

仕事のやりがいとは何かを考える女性

やりがいのある仕事は職業のことを言うのではないんですよね。

医者、弁護士、モデル、実業家 etc.

 

やりがいのある仕事を勝手に縁遠い職業を思い浮かべては

 

自分にはムリムリ(ヾノ・∀・`)

 

なんて自己完結して終わり、または「自分の仕事なんてこんなもんだ」と諦めモードで毎日を過ごしてはいませんか。

別に職業名自体にキラキラ感はいらないですし、やりがいは人それぞれなので、

  • 自分が仕事に何を望んでいるか
  • どういう時にやりがいを感じるのか

を自分の中で分かっていることが何より大切です。

 

仕事に対して感じる自分の向き不向き、得意不得意、好き嫌いを把握することは超重要

これは本当に大事なことです。

>>体験談|新卒でSEになったけどプログラミングが出来なくて会社を辞めたい

私は新卒でSEとして入社し、最初はプログラミングの仕事をしていたんですが、余りにも肌に合わなくて鬱寸前の状態になったことがあります。

また転職して2社目の大手金融では、ルーティーンワーク化した事務処理をやる意義が分からなくて、ミス連発で注意されていました。

人には必ず向き不向きがあるんですよね。

 

こちらのツイートが身に染みて分かりみすぎてツライ。。。

 

「私は仕事にやりがいを感じれない人間なんだ」って落ち込むのではなく、自分が何が得意で何に向いていないのか把握することから始めてみるのもいかがでしょうか?

みなさん真面目すぎ、自分のことを責めすぎなんですよね。

私も「仕事が出来ない価値無い自分」のレッテルを引っぺがすのにかなり時間が掛かったので、同じ思いはして欲しくないのです。

 

お!この仕事のこういう部分は好きだな

とか

ああ~こういう作業は苦手だけど、これは得意で興味ある領域かも

 

などなど、自分で分析してみて下さいね。

 

やりがいについて見方を変えてみたり考えを柔軟にせず、環境やその仕事のせいにする

仕事のやりがいについて不満を漏らす女性

「仕事にやりがいがない」が口癖になってしまう場合

私の友人に、仕事の話になると毎回「今の仕事やりがいがないんだよね」と言う子がいます。

もともとサービス業で接客をしていましたが、夜勤がイヤだということで一般事務へ転職しました。

1年くらい経つとどうもその仕事にやりがいを感じたことがないということで、会うたびに愚痴る・・・というループでした。

 

こういうのは完全に自分の性格や特性に対して向いていない仕事を選んでしまい、どうすればこの状況を打破できるのか自分で折り合いをつけれないのですね。

ただ愚痴を言うだけなら簡単です。

でも、自分がその仕事に対して「向き不向き・好き嫌い・得意不得意」を分かっていないままだと、

 

転職したい!

このまま人生ヤバいかも!

 

こう思った時にはもう手遅れになっちゃうんですよね。

 

自分の仕事に対して分析をすることもなかったり、見方を変えることもしなかったりという、嫌なところばかり見て自分で変えようとしていかない努力を怠る人は一生やりがいのある仕事なんて見つけられません。

 

しかも「じゃあ何だったら良いの?」と聞いたところで「分かんない」って返ってくるのがオチという・・・。

 

別にやりがいなんて感じなくても良いじゃないか、という考えも全然アリ

逆に「仕事なんてお金さえ貰えれば十分」と考えている人だって多いですよね。

むしろここまで割り切れた方がスッキリするかもしれません。

仕事=生活費と望むものがハッキリしているので、私の周りでは割り切って仕事をしている人からやりがいという言葉は聞いたことがありません(笑)

  • プライベートの時間が取れるので良しとしている
  • 趣味が充実しているので仕事は二の次三の次
  • やりがいより何より定時で帰りたい

 

これらを自分で受け入れていると強いですよね。

割り切れないでいる人の中には、マスコミや企業のCMなどが「やりがい」を掲げ、それが美徳であると、私たちに無理やり刷り込ませている世の中にも問題があると感じます。

いわゆるやりがい搾取。

そしてそういう他者の言葉に惑わされてもいけません。

自分が仕事に何を望むかも分かっていないまま、結果職を転々としたり、ブラック企業のやりがい搾取に溺れて疲弊するなんてことになってしまいます。

 

まとめ

仕事のやりがいを探す女性

いかがでしょうか?

  • 自分が仕事に何を望むかを明確にする
  • 自分の向き不向き・好き嫌い・得意不得意をある程度分析する
  • やりがいのある仕事の特徴5つについて考えてみる

 

今の仕事のやりがいについて悩んでいたり、もっとやりがいのある仕事に転職したい!と思っている方は、この特徴と擦り合わせてみると新しい発見があると思います。

「初めての転職で不安」そんな女性が相談しやすい転職エージェントはココ!

 

いろいろと疲れすぎて、ちょっとここまで出来ないよ・・・という方は是非「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書)という本もオススメです。

タイトルが本記事と逆走していてアレなのですが、仕事のやりがい云々の前に「あなたにとって仕事とは?」という根本的な問いから、好きなことを仕事にすることは本当に最良なのか?ということから、人生論といった大きなテーマまで幅広く網羅している仕事における見直しが出来る本です。

薄くて一章が短いのでスラっと読めますよ。


「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書)

 

-キャリア

Copyright© 転職ジャンヌダルク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.